FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

SOUP!!

西洋では、SOUPは、食べる。日本ではSOUPは飲むと言います。昨日と今日、主人が、素晴らしいSOUPを作ってくれました。本当に、心が温まるような美味しいSOUPを。昨日のSOUPは、パンプキンスープ。つまり、カボチャのスープ。普通、カボチャのスープは、boring 味も素っ気もないものが多いのですが(これまでどこのレストランやカフェで食べても......)、昨日の主人のパンプキンスープは最高の味でした。パンプキンだけでなく、そこには、オニオンをすったものや、ベーコンや、チャイブ(私のガーデンから)が入っていて、そのスープをフランスパンと一緒に食べました。さて、今日のSOUPは、リークとポテトのスープ。リークは、西洋の太い玉ねぎです。スープストックに、有機農業で作られた(オーガニック)チキンを使ったとか。玉ねぎのすったもの。それから、主人は、何とシイタケも入れたらしいのです。全てがスープに溶けて、えもいわれぬ味になりました。薄切りのパンに、サラミソーセージを入れて軽くトーストしたサンドイッチと一緒に食べましたが、本当に、本当に美味しかった。心も身体も温まりました。旦那様、DANNA SAMA,SAMA、SANMA-NO-SHIPPO.本当に有難う。

☆ ☆
日曜日に、娘がマーケットに出店しました。朝早く起きて、主人の車で出勤?山のようにゴミ、じゃなく、服や靴を持って出かけました。友人たち2人も同じスペースで出店。午後4時ごろの閉店?を待ってピックアップ。すると、ゴミは、半分ほど売れていました。売り上げ?これが何と500ドル(5万円)も売れたんですって。主人が、金を出したのは、父さんと母さんだから、3人で分けようというと、娘の顔が一瞬、真っ青になりました。とはいえ、5万円の売り上げとは凄い。毎週出店したら、月20万円は売り上がる勘定。彼女の服の半分は、実は、チャリティ団体の古着屋から来ているのです。2ドルぐらいで買った服が、10ドルや20ドルで売れたというのです。まあ、こんなことを言うのは親ばかですが。彼女の仕入れのセンスがいいのかも知れません。出店前に、私が目をつけていた?コート。私が20ドルで買うと言ったら、娘は40ドルでなければ嫌だといい、結局、値段が折り合わずに、私は買えませんでした。売れ残ったらただでせしめようと思っていたのですが、何と40ドルで売れたとか。ふうう。凄いものだ。私も出店してみたいな。私もかなりゴミがあるからなあ。

☆ ☆
ここ数日、気持ちも身体もすぐれませんでした。頭のてっぺんに何か重いものがあるようで、気持ちもかなり暗いものでした。いえ、身体がすぐれないから、心がすぐれないのです。今日はかなりよくなったので、心も晴れてきました。そうそう、今日は、JTBの千原さんとランチ。千原さんは、私が26年前にシドニーに移住してきて初めての仕事に就いた当時、JTBで色々仕事を教えてくれた方です。彼は、私よりずっと若くて、当時は研修生でシドニーに来ていました。いつもニコニコしていて、シングルマザーでお金も身寄りもなく、JTBがオーストラリア初めての仕事だった私に、本当にいつもニコニコして仕事を教えてくれました。旅行業は全く素人だった私でしたが、千原さんのお陰で色々勉強しました。私は、昔から数字に弱く、よく見積もりを間違ていたのですが、それも丁寧に直してくれました。その千原さんに、この前、偶然、大橋巨泉さんのセミナーで会ったのです。26年ぶり。白髪はあるけれど、26年前と全く変らないスマイリーフェイスでした。彼は、あの後、8ヶ月ぐらいで日本に戻り、その後、ドイツ、東京、そして仙台とJTBの様々な部門で活躍し、今また52歳でシドニーに戻ってきたのです。当時の森支店長は既に亡くなったとか。副支店長の鈴木さんは、大阪で大学教授をしていると聞きました。JTBのシドニー支店にまだ20人ぐらいしか人がいなかった時代です。過ぎし歳月の速さ、彼のいつまでも変らないパーソナリティーとスマイル!今日は、何だか涙が出るほど嬉しい時間を過ごしました。美味しいランチを食べながらの昔話にも花が咲きました。神様、ありがとう。千原さん、親切を有難う。

☆ ☆
スポンサーサイト