FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

箱根の山

今日は、オーストラリアからやってきたクライエントを連れて、箱根に行ってきました。新幹線に乗ってみたいというので、こだまで、小田原へ。そこから、箱根湯本に。また登山鉄道を乗り継いで強羅まで。それから、早雲山に行って、今度はロープウエイで大涌谷に。そこから、また色々乗り継いで箱根湯本に戻り、ロマンスカーで新宿。ああ、疲れた。もっとも、そこで終わりではなく、新宿の京王デパートで8階のフードフロアと、食料品フロアを見学。それから地下鉄に乗りたいというので、銀座に。銀座のプランタンで食料品フロアに行って、それから、銀座ライオンの見学をして、新橋のホテルに。箱根の紅葉は本当に素敵だったけれど...仕事でなくて行きたかったな。

★ ★
小田原は、私にとっては、ちょっぴり、甘酸っぱい場所。大学の時に、知り合った彼の故郷。私は、大学に入って、一種の失語症のような状態にありました。その頃、小田原高校出身で、東大から来ていた不良学生が、私とデートをしてくれたのです。デートと言っても、手を握ったこともキスしたこともありません。ただ、ひたすら歩いて、彼がひたすら話をして、私はただひたすら、うなずくだけ。今のおしゃべり婆さんからは、ちょっと想像つかない、昔のわ・た・し。週末になって彼が新宿から小田原に戻るとき、私はいつも新宿まで送っていきました。小田急の電車に乗り込む彼が、振り返って「俺は、行くからな」って。気障なヤツ。小田原に行って、今日はまたそんな切ないメモリーを思い出していました。

★ ★
開通したばかりの東西線の早稲田駅の上にあった喫茶店でのこと。その彼が、ふと、「一緒に住もうか」って。えっ、それはどういうこと。すぐさま、YESの返事が出来なかった。翌日、「あの、昨日の話だけど」「それ冗談」そうか。そのまま、彼とは縁ができませんでした。でも、その彼から、文学のこと、社会のことを、たくさん教えてもらいました。その中に「犬」の話があるのです。「フランスの犬は、日本人が考える犬とは違うんだ。犬1つとってもこんな違いがあるのだから、そこを調べるだけでも比較文化ができるよね」って。今、私が犬に関わっているのは、偶然だけれど、時々、ふっとそんな彼の言葉が思い出されます。

★ ★

明日は、いよいよオーストラリアの家に戻ります。早く家に戻りたいな。主人の手料理が食べたいな。
スポンサーサイト