FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

オッサン、ホデナス

今日は、朝から怒鳴りっぱなし。私は人に向かって怒鳴ることはないのですが、空に向かって怒鳴ることはあります。今日は、空に向かって怒鳴っていました。どう考えても、私は日本のオッサンたちは、大嫌いだあああああ。 だから、オッサンたちとは仕事をしたくありません。アレラの物言いも嫌いだし、身のこなしも嫌いだし。オッサンのすべてが嫌いです。今、30代の人たちの男性たちとと仕事をしていますが、彼らとは全く問題がありません。なのに、50歳以上のオッサンは、問題あり。ありっぱなし。もっとも、この30代の男性たちも、そのうち、オッサンになるのものなのでしょうか。それとも、彼らはならないのでしょうか。それを確かめるには、私は、かなり長生きしなければならないので、研究課題としては無理かも知れません。

★ ★

この前、今テレビで問題になっている守屋という元政務次官のニュースを見ながら、あ、また宮城県だと気がつきました。この前、姉歯の時にも、ヒューザーの社長の時にも、気がついたことです。私も宮城出身だけに、どうして、宮城出身の、しかもオッサンには、悪いことをする人間たちが多いのかと疑問を持ちました。これも、これからの研究課題にしようと思っています。

★ ★
宮城県の人間は、他の東北地方の人たちには「俺らは都会だっちゃ」なんて、優越感を持ち、東京の人たちにはつまらない劣等感を持っているのではないかと薄々思っていました。仙台弁が劣等感になっているのではと、どこかに書いているのを読みましたが、しかし、なまりが気になるのは宮城県だけではないでしょう。九州の人もなまりあるでしょ。でも、九州からは、西郷隆盛のような偉い人が出るけれど、宮城からは出たことがない。姉歯や、守屋は出るけれど。それから、関西の人たちは、自分たちのなまりを逆に誇りに思っているところが偉い。もしかして、宮城が駄目なのは、伊達の伝統で見栄っ張りだからかしら。見栄は、人の心に、ばい菌のように進入して、心を駄目にさせると思います。嫉妬もそうです。それが人の心に入ると、見る見るうちに、心を食い尽くしてしまうのです。そうそう、仙台弁で、馬鹿な人間たちを「ホデナス」と言います。宮城のオッサン、ホデナス!

★ ★
オッサンたちの容貌は、彼らの心を表す鏡でもあります。ギトギト脂ぎってくる。オッサン臭が出る。人のためにでなく、自分のためだけに生きてくると、それが容貌にも表れるものです。ああ、ヤダ。それにしても、オッサンたちは、自分が一番偉いと思っている。心の中では、女性は征服すべきものだと思っている。だから、オッサンたちは、どんなに丁寧な言葉を使っても、それが露呈している。オッサンは、大嫌い。本当に嫌い。若者よ、くれぐれもオッサンにはならないでください。

★ ★
オッサンにならないためには....女性を尊敬することです。えへん。
スポンサーサイト