ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

BOY

今日は、メルボルンのドッグズホームに行きました。オーストラリアのシェルターを日本からのゲストに見せるためです。迷子になった犬たちは、飼い主が引き取りにこないと、次のファミリーに行くための評価がされて、アドプション(養子縁組)のための犬舎に移されます。犬舎にいた犬たちはほとんどが引き取られて、残っていたのは数匹(good!)。でも、その数匹の中に、去年病気で死んでしまったカーリーにそっくりの犬がいました。日本からのゲストがいるのに、つい涙してしまった私。犬舎の前に貼ってあった書類には、今日の午後4時まで犬舎でホールドとあり、私は、それを、もし、今日の午後4時まで誰も貰い手がいない場合には安楽死処分と理解してしたからです。「どうしましょう」と私は、一緒にいた主人に聞きました.....主人は突然のことに困ったように....そうだな....主人の頭の中にも、カーリーの姿がよぎったのだと思います。その犬の名前はエディー。死んでしまった我らがBOYに本当に生き写しでした。

☆ ☆
ドッグズホームを立ち去るときに主人が、「もし、午後4時までに貰い手なく、安楽死させなければならないのであれば、僕たちが引き取ります」と言い残しました。犬はアクセサリーではありません。家族の一員です。ですから、正直言って、感情で飼うことを決めてはいけないのです。本当に引き取ることができるのか。本当に、責任を持って飼える状態にあるのだろうか。家や犬舎などの環境、家計の状況、様々な観点から考えて、養子縁組の最終決断をするべきなのです。オーストラリアのRSPCA(シェルター)では、実際「プレゼントに犬を送るのは止めましょう」というキャンペーンを実施しています。それは、「可愛い」というだけで、飼い主になる貰い手の気持ちや受け入れの状態を考えずに、犬をプレゼントをするのは、大変いけないことだということを言っているのです。オーストラリアでも毎年クリスマスの後に、多くの子犬が捨てられるといいます。犬でも猫でも、動物を飼うことは、子供を引き取ることと同じです。子供をプレゼントする人はいないでしょう?

☆ ☆
さて、今日の午後のことでした。仕事先で、ドッグズホームのことを話したら、仕事先の人は「あそこで働いたことがあるの。でも、あそこは、養子縁組ができると評価したら、その犬たちを安楽死させることはないのよ。今日の午後4時までホールドするというのは、今日の午後4時に誰かが引き取りに来るということなの」と説明してくれて、私は、本当にホッとしました。主人に話したら彼も大喜び。もっとも、我が家にまたBOYが戻ってくると、我々2人とも束の間の幸せを感じていた節があります。でも、よくよく考えれば、今の私は、出張がかなり多く、もう一匹、家に犬が増えたら正直言って、主人は大変だと思います。おまけにサリーとうまくいかなかったら、彼女も不幸にしてしまったところ。間違いをしなくてよかった。エディー、BOY,新しい家で幸せになってね。

☆ ☆
今日はメルボルンからシドニーに戻ってきました。金曜日に卒業した娘は、昨日の晩、4人の女友達を家に呼んでお泊りパーティー。怪談のDVDを見て、みんなでキャーキャー騒いだとか。楽しそうでよかった。
スポンサーサイト

み・じ・め

咳はゲホ・ゲホ。喉はヒリ・ヒリ。耳はボヤ・ボヤ。それが今の私の体の状態です。昨日医者に行ったら、気管支炎。悪性。もしかしてなるのではないかと、東京にいた時から思っていたのです。まずは、風邪を引きかけたまま飛行機に乗ったこと、換気の悪いホテル暮らし。睡眠不足。これで病気にならなかったら、私はロボットです。しかし、忸怩たる思いは、もしかしてと思いながら、キチンとした予防策をとらなかったこと。それは、私の責任で、自分の身体のミス・マネージメント。誰も恨むわけにはいきません。罹ってしまったら、この年齢ではなかなか直りません。日本にいる時にもオーストラリアから持っていった抗生物質を飲んでいましたが、それでは十分でなく、昨日から新しいもっと強い抗生物質に変えました。今日は一日寝たり起きたり。

☆ ☆
み・じ・め

☆ ☆
明日はまたメルボルンに出張です。娘に、「お母さん、卒業式に出られなくてごめんなさい」と謝ったら、「ぜ~んぜん」気にしていないということ。そして、”I love you mummy"って言ってくれました。そしたら、涙がタラッ。「何で泣いているの、変なママ」カザッパナと一緒に、ちょっと汚い涙を流してしまいました。そしたら娘が「あのね、お母さん、私お母さんのこと大好きよ。嫌なときも時々あるけれど、まあ、たいていは好きよ」そして、「心配しないで、嫌な人でも友達になれるでしょ」????


☆ ☆
明日は、セミナー最終日。今夜の参加者たちは、ステーキハウス組とメルボルンナイトツアー(?)組に分かれて出かけたと聞きました。ナイトツアー組は、私が元気ならご案内するつもりだったので、残念。

シドニーに途中下車

オーストラリアに帰ったのはいいけれど、そのままメルボルンに行って、先ほどシドニーに戻ってきました。そして木曜日はまたメルボルンに。シドニーに途中下車状態です。金曜日は、娘の高校の卒業式だというのに、出席できません。それを予め言わなかった娘も娘なのですが、六年間(中学と高校)の学生生活の終わりだというのに、立ち会うことが出来ないというのは、大変象徴的でもあります。つまり、私は母親業失格。それでも、娘が、卒業ランチがあって、私服だからそれを一緒に買いに行ってくれというので、明日一緒に出かけようと思います。でも、やっぱり卒業しには出たかった。出たら、きっと泣いたと思いますが。

☆ ☆
馬インフルエンザが、ブリスベンにも出てしまいました。したがってクインズランド州でも競馬中止。予防注射が、今週、やっとオーストラリアに到着するようですが、オーストラリアの競馬・乗馬人口は多いので、到着するワクチンは、とても全部の馬に行き渡りません。メルボルンのスプリングレーシング・カーニバルが始まろうとしているので、ビクトリア州では、自分たちの州を優先的にして欲しいと言い、NSW州では、被害がひどいから自分たちに多く渡せと言って、両州で喧嘩になっています。いずれにしても、今のままでは、メルボルンにインフルエンザがいかないという保証はどこにもありません。EIが発生すれば、メルボルンカップが実施できない可能性もあります。来年のゴールドコーストのマジックミリオンズは延期になってしまいました。オーストラリアの馬の世界は、現在、暗いニュースばかりで、なんとも、言葉がありません。

☆ ☆
私が競馬ブックに書いた記事を呼んだ方からコメントがきました。どうやら、日本の検疫体制をだけを批判しているように誤解されたようなのですが、検疫体制の不備はオーストラリアも同じことです。日本の馬インフルエンザは、どこか外国から入ってきたのですよね。オーストラリアでも、同じこと。EIがどこか(この場合には日本という可能性が高い)の国から入ってきて、更にオーストラリアの検疫を逃れ、一般社会に蔓延してしまった。それは、当然、オーストラリアの検疫体制の不備を表しています。 重要なことは、どこからどのようにしてEIが入ったのか、また、何故、どのように、検疫網を抜け出したのか、ということを考えることが必要ではないでしょうか。したがって、批判というより今後、同じようなことが起きないために喚起を促すというのが私の記事の趣旨であることをご理解いただきたいと思っています。批判のための批判をすることは、私はあまりありません。waste of time 無意味ですから。

☆ ☆
元気?って誰かに今、聞かれたら、,,,,,,,,,と答えたい。元気じゃないの?って聞かれたら........とやはり答えます。まあ、人生色々(あれっ?)、なかなか穏やかな日はありません。時々、自問自答してみます。どうして、私には穏やかな日がないのかしら?もっとも、質問してもしなくても、結果はいつも同じ。穏やかな日がないのです。ですから、いつも、.......と答えます。さて、私は、多分、航空中耳炎に罹っています。バケツをかぶっているようで、考えもまとまりません。今日はもう寝ます。



動物理学療法セミナー

今日は、朝、日本からいらした獣医さんや獣医看護士さんたちをメルボルン空港にお迎えして、明日から始まるセミナー会場にお連れしました。まだまだ古い体質の残る日本の獣医界に、リハビリという新しいコンセプトを導入するために、お金と時間をかけてきてくださだった貴重な方々です。このセミナーは2回目ですが、このセミナーを通じて、人の輪と和ができれば、いつか、日本にもリハビリが定着し、様々な症例ができて、もしかして日本からリハビリの知識や技術が、世界に発信することができるのではないかと夢を見ています。かつて、私がオーストラリアに始めた民間の馬の学校が、例えば現在は競争相手だったとしても、日本にも出来て、ホースマン教育の場が広がっていったことを思えば、まあ競争のために我らが学校に来る生徒の数は減ったものの、私個人では、何かしら社会のために貢献したのではないかと思うこの頃です。もっとも、誰もそんなことを言ってくれる人は、馬の世界にはなく、「真理子さんは、金儲けのために学校を作ったのだ」という評価しかありませんが。いいんだ。いいんだ。

☆ ☆
今日は、半日フリータイムだったので、ペンギン組みとヒールズビル組と分かれて出かけました。我々はヒールズビルサンクチュアリーに行って、オーストラリアの野生動物を見てきました。一番受けたのがウオンバットとプラタプス(カモノハシ)。エキドナというハリモグラも愛嬌があって人気でした。ペンギン組みは、帰りが夜中になり恐らく大変疲れているとは思いますが、一生の思い出を作ったことと思います。オーストラリアのペンギンは、フェアリーペンギン。小さなペンギンで、メルボルンから160キロほど離れたフィリップ島にコロニーを作っています。彼らが歩いて帰る姿を見るのは一生の思い出になります。私は3回見ましたが、また行きたいと思っています。

☆ ☆
明日発売される競馬ブックに、オーストラリアの馬インフルエンザの2回目のレポートを書きました。ぜひご覧下さい。

1日中飛んで.....メルボルン

昨夜、関空からオーストラリアへ。今回はカンタスのポイントを使ったのと、スクールホリデーのために飛行機が混んでいることが原因で、メルボルンまで飛ぶのに、関空、ケアンズ、ブリスベン、そしてメルボルンと1日かかってメルボルンに着きました。ケアンズでは、国際空港から国内空港まで3分位歩いたのですが、素晴らしい気候、緑の丘、鳥たちの声が聞こえて天国のようでした。このまま、ここでホリデーができたらと、つい...イケナイ...まだ路は遠い。

★ ★
日本を出るときから風邪がひどくなって、あらゆる薬を飲みながら来たのですが、具合がよくなりません。ゴホゴホする私を見かねて、ケアンズ航空のカンタスラウンジにいた年配のカンタスのスタッフ(男性)が、薬はないけれどもと言って、レモンを絞って蜂蜜を入れて、特別のドリンクを作ってくれました。そのせいでしょうか、少し良くなったような気がしました。彼は何も、そんなことをしなくても良かったのです。仕事のマニュアルには、ないでしょうから。でも、彼は個人の親切心から、こんなに親切にしてくれました。私も他人にそうした親切をしてお返ししたいと思っています。と考えながら、ケアンズからブリスベン行きに乗り込んだときのこと。バッグを荷物だなに上げるのに、手伝ってといったら、若い男性のスチュワードが「僕は、手伝ってはいけないの。腰が悪いから」って。ショックを受けて、同僚のスチュワーデスに聞きました「カンタスでは、客の荷物を、スタッフが荷物棚に上げてはいけないことになっているの?」「そんなことはないのですが、彼は自分の健康を優先しているので.....]そんな人が、キャビンで働いては、いけないんじゃない?体に悪いもの。同じカンタス航空で、二つの全く異なるスタッフに会いました。

★ ★
ブリスベンで、3時間ほど待ち時間があったので、空港で少し仕事をしていました。馬のことを調べていたら、何と、今日実施されるはずだったシドニーのローズヒル競馬場の競馬が中止になっていました。これまでEIが発生していなかったワリックファーム競馬場(ローズヒルの近く)で、とうとうEIが出たからです。これで、シドニーの競馬が近々中に実施される可能性はほとんどなくなりました。何人かの人がバイオセキュリティーのルールを破ったからだといいます。何と無責任な。

★ ★
明日は、日本全国から、獣医さんと獣医看護士の方々がやってきます。わざわざオーストラリアまでリハビリを習いに来る熱心な方々です。日本で、こうした方々が増え、障害を持った多くの犬たちが助かりますように。

日本的解決法

「インフルエンザの方は?」「あっ、もう終わりましたよ」「終わったって...」「競馬をやっていくためには、終わったことにしないと」「はあ」「だから、どこから始まったのか、誰が責任者なのか、これからインフルエンザについてはどうするのか、もう忘れちゃうってこと。それにしても、オーストラリアはまだ大変そうですね」「..........」
日本的解決法!

☆ ☆
昨夜は、H女史と食事。そしてCHAT.それも、長いCAHT.気がついたら3時間ぐらい話し続けていました。彼女は外国経験が長く、本格的な国際派。その彼女が「日本はだめだわ....」と、日本の社会の、あちこちに蔓延る「何もしない病」について、話してくれました。彼女が、最も興奮して話してくれたのは、最近の出張中、名古屋駅で巡り合った?コンビニのお姉ちゃんのこと。携帯のバッテリーが上がってしまい、しかも、彼女の携帯に合う携帯用のバッテリーがどこにもない。緊急の連絡があり、コンビニのお姉ちゃんに、電源を使わせてくれってお願いしたら、「NO」どうして?「規則だから」

☆ ☆
誰かが困っている時に、手を貸すという、日本人がずっと大切にしてきたKINDNESSは一体どこに行ってしまったのでしょう。「大丈夫ですか?(Are you OK?)」「何かお手伝いできることはありますか?Is there anything I can do for you? 」そんな言葉はどうしたのでしょうね。英語で書いたのは、オーストラリアではまだその言葉が生きているからですが。でも、今日は感激することがありました。タクシーに重い荷物で乗り込んだときのこと。運転手さんが「重いですね」と言いながら積んでくれたことです。それ、当たり前だと思うでしょ。トンでも発奮。時々、トランクを開けるだけで、自分は運転台に座ったまま、フーフー言って荷物を入れている私を眺めている運転手も、日本にはいるんですよ。

☆ ☆
今日は大阪です。そして明日は関空からオーストラリアへ帰ります。といっても、私の主催する犬のリハビリセミナーが始まるので、メルボルンに直行。ああ、主人の手料理が食べたいな。今頃何を食べてるんだろう。ピザかな。うちの主人のピザは天下一品。パスタかな。主人のパスタは天下一品。それとも、ステーキ、ラムチョップ、ああ、早く家に帰りたい。

犬好きどうし

「どう?」「OK」と言われると、他に言葉が出ない。下の娘との電話での会話。「それで、どう?」「今聞いたばかりでしょう」「そうね」「お父さんは?」「寝てる」それで娘との話は終わり。出張が多い私は、仕事が終わると、家が無性に恋しくなり電話します。でも、会話はいつもこんな感じ。寂しいな。

☆ ☆
今日は、久しぶりに大学の後輩のIさんと会いました。彼がシドニーにいたのは、彼がまだ40歳になったばかりの頃。若くてパリパリして、颯爽としていた。「いくつになったの?」「52」えっ。見えないな。やっぱりパリパリしている。高級なレストランで食事ご馳走してもらいながら(先輩の特典!)、色々な話に花を咲かせました。お互いに最も乗ったのは、犬の話。オーストラリアで飼ったというシェパードの写真を見せてもらいました。その愛犬が死んだときの話。泣いた時の話。愛犬を持つ幸せと悲しさ。オバサンとオジサンが共有しました。

☆ ☆
昨日は、中学の同窓生だったFさんと会食。「ねえ、あのタラントの話だけど....」と私のブログの話。2人で若いうちに受けたキリスト教教育とそのベネフィットを語り合いました。ペギー葉山の「つたの絡まるチャペールで祈りを捧げた日...」そんな感じだったな、あの頃は。イエス・キリストをそのまま信じているとは言えませんが、愛するという精神を教えてもらったような気がします。それから、祈りかな....。聖書では無暗に神様にお願いをしないようにって言っています。でも、祈りは通じます。今日、それが通じました。ところで、Fさん、あなたを表している言葉があります。昨日は、それを言い忘れました。あなたには、気高さがあります。気高さを持つ人って、最近はなかなか会うことがありません。

NAME あれこれ


昨日の打ち合わせの時です。仕事先のH社長が、私に、彼の会社の新しい方を紹介してくださって「うちの、カナイです」と言われました。Hさんは、大阪弁で少しなまっていたせいでしょうか、私には「うちの家内です」と言ったように聞こえて、仕事の場だと言うのに、大笑いしてしまいました。男性二人のカップル、オーストラリアではないわけではありませんから....。そこで思い出しました。オーストラリアのビクトリア州観光局にお勤めの「奥さん」。電話で「奥さんですか?」「いいえ、マダです」

★ ★
名前でまた思い出しました。アルゼンチンにいた時にお目にかかった、日本人会長の名前が「宇野」つまり「UNO(一番)」さん。しかし、あそこでは「加賀」さんは、「CAGA」つまり、ウンチをするということで、あまりいい名前ではありません。かつての女優で「加賀まり子(漢字忘れ!)」さんっていましたが、それは、スペイン語で「CAGA MAS RICO]つまり、ウンチをもっと一杯しななさいって言う意味でした。

★ ★
調子に乗って....もっと下品な話を。今、話題の麻生さんの名前も、ちょっと...。響きが、英語では、アースホール、つまり、お尻の穴に聞こえてしまうのです。したがって首相としてはいささかどうかと....とは言うものの、福田さんの名前も、英語にすると、もっと困ります。英語で、FUKは、発音が出来ないぐらい、悪い言葉ですから。したがって、お二人は、名前から言って日本国の首相には相応しくないと思います。

JAPANブランド

新規事業、MHAフランチャイズでは、オーストラリアのフードサービスを日本に持ってくると同時に、日本のフードサービスをオーストラリアに持って行くというビジネスを展開する予定でいます。JAPAN ブランドって、今、外国で凄い人気なんです。それを利用しない手はありません。さて、今回は、オーストラリアのフードサービスをご紹介するつもりで、色々な方々とお目にかかっているところですが、今回お目にかかった方から、和チャイナバーガーという新しいバーガーを紹介されました。そして、先日改装オープンしたばかりの、銀座プランタンの地階食品売り場に試食に行きました。サプライズ!美味しいサプライズでした。

☆ ☆
全部、美味しそうなメニューで、どれにしようか迷いましたが、神様のいうとおり.....とりあえず、豆腐バーガーとまぐろわさびマヨネーズバーガーを買いました。ホテルに戻って試食。試食なんだから、全部食べなくていいんだから....体重のことも考えながら食べなさいと、自分に言い聞かせながら食べた筈なのですが、「止められない、止まらない、河童えびせん」のように、つい全部食べてしまいました。美味しかった。ということで、今日は、また、プランタンに、他のバーガーの試食に?行ってきます。つらいなあ。またお腹一杯食べてしまうな。

☆ ☆
昨日は、このところの出張疲れで、ホテルでマッサージをお願いしてしまいました。もっとも、困ったことは、後ろ向きで背中を押されるために、おならが出そうになったことです。おならは、横に向いた時も、出そうになりました。いえ、出してしまったのかも知れません。(ごめんなさい)それにしても、昨日は、心なしか、その衝動が強かったような気がします。もしかして、あのアールバーガーのせい?などと、安部さんのように、他人のせいにしてしまいました。そういえば、この前、安部さんを阿部さんと書いて、WRONG KANJIと指摘されてしまいました。外人だから許してチョーダイ。このところ、馬インフルエンザの話しばかりで、私の大好きなおならの話をすることできなくて、フラストが溜まっていましたが、今日は、久しぶりにすっきりしました!


☆ ☆
最後に、アールバーガー、絶対いけます!オーストラリアで、世界で、大成功するでしょう。JAPAN ブランド、頑張れ。

カトリックのジョッキークラブ

今日は、新宿で打ち合わせをしました。フード関連の打ち合わせだったのですが、たまたま、そのうち、2人が、敬虔なカトリックのクリスチャンだということが分かりました。そこで、私が、こんな話をお2人に。

☆ ☆
オーストラリアには、カトリックの教団が経営するジョッキークラブがあるのです。一年に一度だけ、彼らが胴元になって競馬を施行します。午前中に教会でお祈りをささげ、午後には、カトリックの学校関係者を集めて、競馬を楽しみます。競馬の実施で儲かった?お金は、当然、チャリティーに。そうそう、更にこんな話も。オーストラリアのやはりカトリックの牧師さんで、馬券を当てるのがとても上手な方が、競馬の予想紙を作ってしまいました。今では、オーストラリアで2番目に大きな競馬予想新聞社になっています。

☆ ☆
ギャンブルは、神のご意思に反することではないのです。人生は、ギャンブルだと、聖書の中で、キリストは語っています。それについても、私は、またお2人に説教?しました。ある農園で最も良く働いた人間には10タラント、次に一生懸命働いた者には5タラント、まあまあ働いた人間には、1タラントを与えました。休暇を終えて戻ってきた農夫たちに神は聞きました。「お前にやった10タラントはどうした?」10タラントを貰った者は、「いただいた10タラントを使い、更に10タラント儲けました」5タラントを貰った農夫も「5タラントつかって、更に5タラントを儲けました」ところが、1タラント貰った者は「折角いただいた1タラントを失くしたくないので、土に埋めておきました」神は、自分が貰ったものを使わずに戻ってくるとは何という人間だと、怒って、彼を農園から追い出してしまいました。タラントは、後、タレント(才能)という言葉になったということです。

☆ ☆
カトリック信者のお2人は、聞いたことがないと言っていました。私は、この方たちに、これは、馬券を買いなさいということですと、お教えしました。人生は全て賭けなのです。

FC2Ad