FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

千絵ちゃんからの手紙

10年前に、ジャックラッセル犬のカーリーが家にやってきて、我が家に灯が点りました。犬が家族を作るんだよと、主人。そのカーリがいたからこそ、私は、オーストラリアにワールドドッグカレッジという学校を作る決意ができたのです。ワールドドッグカレッジというのは、校舎ではなく、生徒と先生がいれば学校ができるという、寺子屋の精神を持って、作った学校です。犬たちから私たちが助けてもらう、その犬たちを私たちが助ける。そんなことができればと、学校を立ち上げました。それは、楽ではなく、時間もお金もかかりました。最初のコースは、オーストラリアの政府の認定した修了書が貰えるドッグトレーニングスクール。そのスクールの第一期生、5人の中にいたのが千絵ちゃんです。

☆ ☆
千絵ちゃんは、子供の頃に脳性麻痺を患っていて、不自由な身体を押して学校に来ました。その彼女が、英語を学び、動物の心理や訓練方法を学んで無事、学校を卒業したのは、ひとえに、彼女の強い意思と、彼女を見守る先生たちの力、そして、同級生たちの協力に他なりません。

☆ ☆
卒業した彼女からメールが入りました。これから、日本の学校で、介助犬を訓練する学校に入るって。えっ、また学校?どんな学校なの。私で協力することができる?彼女の返事は「いいえ、今度の学校では、オーストラリアで学んだことを全部忘れるようにと言われました」「それは、変だよ。オーストラリアの方が介助犬について日本より進んでいるんだよ。それに、これまで学んだことを忘れろなんて、ろくな学校じゃないよ」「でも、頑張ってみたいんです」その後、人伝えに、2ヶ月で彼女がその学校を辞めたと聞きました。

☆ ☆
今日、久日ぶりにで、千絵ちゃんからメールがありました。学校を辞めたこと、ペットショップなどに仕事を探したけれど、体力がないからって断られたこと。今は、埼玉県にある障害者のためのコンピューターの学校で勉強していること。犬の仕事は全くしていないこと。でも、毎日幸せだということが、書いてありました。犬については、仕事ではなくても、彼女が学んだことを生かして、ぜひボランティアなどでも頑張って欲しいと返事を出しましたが....彼女は、身体が不自由でも、特に小さな犬であれば、トレーニングは全く問題がありません。犬のケアもキチンとできます。誰か、彼女に犬の仕事を提供してくれませんか。頑張り屋の千絵ちゃんに。

BIG BROTHER

世界中で、ビッグブラザーというTV番組が流行しています。若い人たちのグループを集めて、そこで、嫌いな人間を1人ずつ削除していく。まあ、体のいい苛め番組のようなもの。BIG BROTHERという言葉は、お前たちより偉い人間が、お前たちのすることを、どこからか、見ているよということらしいのですが....。実は、今日、娘にGメールで返事をしていて、あることに気がつきました。今頃気が付くなんて、おバカもいいところなのですが....。娘はメールで、「私、JAPANESEの勉強しなくちゃ」って、書いてきたのです。そしたら、彼女の、そのメールの枠の傍に”Japansese Job" とか、”Japanese exchange"とかいうウエッブが出てきたのです。あっ、広告だ。メールをチェックして、それに会う広告を出すんだなって、今頃気が付きました。ああ、怖い。BIG BROTHERが、いつも見ているのです。ああ、コワ。

☆ ☆
怖いといえば、前にこのブログで娘のことを書いたときです。彼女の年齢を書いたら、そんな年頃の(怖いから繰り返しません)名前を付けたブログがあって、そこに、私のブログがリンクしてあるのです。そのブログには、変な写真が一杯ありました。このブログにも、ギャンブルや(競馬だから仕方がないけど)、貧乏だと書いたから、お金を貸しましょうというコメントや、あとは.....怖いから言いませんが、変なサイトからもコメントが来ます。聞いたら、ロボットサーチで、やってくるんですってね。私のブログにはおならとかウンチも結構出てくるのですが、さすがに、それを商売にしている人はあまりないようで、おならやウンチを商売にしている人たちからコメントを送ってくることはありません。

☆ ☆
ところが.....今日、日本のニュースを読んでいたら、その下に、ウンチクンというウエッブがあって、「あっ、私がウンチ好きなのどうして知っているのだろう」と、ついアクセスしてしまいました。ウエッブには、リッパなウンチの絵がありました。読んでいた日本のニュースは、トンボの社長の馬鹿げた事件です。59歳の社長ってありましたので、同じ年のばか者が何をしたのか知りたくてアクセスしたのです。慶応大学を出た二代目の社長。もう還暦を目の前にして、どうして、あんなことをしたのでしょうか。もう60歳も近いのだから世のため人のためになるようなことをすればいいのに。全く馬鹿なヤツだ、POOのようなヤツだと思っていたら、そのウンチのサイトに目が行ったのです。これも、やはりBIG BROTHERが見ていたのでしょうか。

お母さん

子供の頃はママと呼んでいたような気がします。でも、いつからか、それはお母さんという呼び方に変わりました。母は、長い間教師をしており、子供の頃は、家の中にいる母をあまり知りません。父が外国から戻ってきて、母は教職を去り、やっと家にいるようになりましたが、今度は自分が外に出ることが多く、一体どんな母だったのか、私はあまり覚えていないのです。動物でも、自分が母親から親身になって育ててもらっていないと、どのように自分の子供を育てていいか分からなくなるようですが、私もそのいい例。

☆ ☆
弟たち夫婦が、今日、父と母のお墓参りをしてくれたようです。有難う。

☆ ☆
昨日は、というより、今朝は、娘と付き合って朝の3時まで起きていました。娘が、今日まで、卒業のための家庭科のプロジェクトを提出しなければならなかったのです。朝方までミシンを踏む娘。でも、私は、全く裁縫ができません。「何か手伝うことある?」「ないわよ。あっ、お母さん、触らないでね」そんな会話をしながら、私の高校のことを思い出しました。あれも確か家庭科のプロジェクト。スーツを縫わなければならず、母に手伝ってもらいました。でも、成績は2。先生がスーツを点検している時に、何でも袖がポロッと落ちたよう。母は、ショックを受けて、その後、洋裁学校に通いました。私は...ミシンなど踏んだことは全くありません。娘が作っていたのは、日本の着物地を使ったハンドバック。色合いといい、形といい、それはそれは素敵なものです。恐らく彼女は、洋裁の上手な主人の母の血を引いているのかも知れません。

☆ ☆
3時まで、娘にお茶を出したり、コーヒー煎れたり。ナンちゃってお母さんとは、全くこのことです。でも、一緒に時間を共有するだけで、私は、とてもハッピーでした。娘は3時にベッドに。そして2時間後にまた起きて、最後の総まとめをしているようでした。したがって私も、あまりというかほとんど眠れっておらず、今日はもうフラフラです。

☆ ☆
母の事はあまり覚えていないのですが、優しい心の素敵な人でした。明日は、母の命日です。

Future belongs....

Future, 未来とは、何と不確かなものでしょう。小さな小船で大海に漕ぎ出るようなもの。私はいつもそう感じています。しかし、それでも、漕ぎ出すのです。これが私の性格。そして、どうやら、うちの家族の血統のよう。仙台にいる弟が、開局を計画していたFM太白が、いよいよ、周波数も決まって、そろそろ、初の電波が流れる日が近いようです。

☆ ☆

"The Future belongs to those who plan for it" 未来は、それをプランするものに属する。つまり、計画しなければ、未来はこない。

☆ ☆
さて、今夜の続き?で、メルボルンのディンゴディスカバリーセンターを訪問します。そう、朝の6時の飛行機。ということは、4時起きです。ディンゴ・ディスカバリーセンターには、今日、日本から、帝京科学大学のM君が着きました。彼は博士論文で、ディンゴを取り上げたいのだそうです。明日の午後は、日大の動物資源学科の学生さんたちもやってきます。これで、ディンゴを単なる野良犬だと思っている人たちの数が少なくなってくるでしょう。12月にはポチたまの取材も来るし、私もそろそろディンゴの本を書き始めなくては。ディンゴのFutureのために。そして、私のFutureは、4時に起きて飛行機に乗り遅れないこと。

ちょっとした事件

オーストラリアの競馬シーズンは、8月1日から新しシーズンになります。シドニー地区のリーディングトレーナーは、ジョン・ホークス師。今年もシドニー地区で153勝して、トップになりました。彼は、インガムファミリーというオーストラリアで最大のオーナー・ブリーダーの専属調教師。ところが、数日前に、彼が、そのインガムファミリーの専属を辞めるというニュースが報道されました。彼のアシスタントトレーナーを19年間も勤めた、スノードン師が彼の後継。「19年もアシスタントをすればもう十分だ」との彼の発言は、何か、きな臭いな。さあ、後継者は、これまでのホークス調教師が作ってきた栄光の歴史を受け継ぐことが出来るのかどうか。もっとも、競馬ファンにしてみれば、このようなゴタゴタはとても面白い!シドニーは、このホークス師とウオーターハウス師との独占状態だったから。ホークス調教師は、息子2人と一緒に新しい厩舎を作るのだとか。辞任の原因が、もともとホークス師の息子が管理していたクインズランド州の厩舎の閉鎖にあるらしいので、親の愛は強し?

☆ ☆

胃の調子がやはりあまり良くありません。今日はGinger Teaを飲みながら1日自宅にいました。

Ginger Tea

色々やりたいと思っても、時間が24時間しかないのは本当に困っちゃうなあ....と山本リンダのようになってしまいます。胃が一昨日から痛み始めて、それなりの薬を飲んでいますが、あまり良くなりません。2日ぐらい仕事のことを忘れてしまえば、おそらく直るのだと思いますが、そうもいきません。胃の薬も飲みすぎると効かなくなる可能性もあるし、あまり、薬を飲みたくない気持ちもあるし.......ということで、Ginger Teaを飲むことにしました。Ginger Teaとは、生姜茶。4カップのお湯に、生姜のスライスを入れて20分から30分ボイル。胃の痛い人は、蜂蜜にレモンを入れて。免疫を高めたい人は、そのままで飲むのだといいます。早速主人が作ってくれました。本当に美味しくて、2杯も飲みましたが、お陰で胃の痛みがとれたような気がします。それにしても、今週末は、メルボルンに行く予定なので、早く直さないと。

★ ★
メルボルンには、生まれたばかりのディンゴを撮影に行ってきます。昨年は見逃したので、今年こそ。

ブリスベン空港で

今、午後8時のシドニー行きの飛行機を待って、ブリスベン空港にいます。カンタスのラウンジで仕事をしています。このラウンジは、最近、ワイアレスLANが無料になりました。オーストラリアのホテルなどには、日本ほどLANが設置されていないので、設置しているホテルは、1日30ドル近く使用料をとります。空港でも最近までは、とても高いLAN使用料をとられました。でも、Thank God! 今は、無料になりました。私は、普通、空港で仕事をすることは、あまりありません。でも、コンピューターに向かって仕事をしている人たちを見て、私もしてみたいなあ。ナンチャッテ、ビジネスマンしたいなあ、なんて思っていたので、今夜は、珍しく、ビジネススーツなども着ていたりなんかするので、ナンチャッテ・ビジネスウーマンしています。

★ ★
グーグルのニュースで、人の息子を殺して、わずか14年だけ求刑されたという話に、驚いてしまいました。彼女は、その子供の一生を消しただけでなく、その子供の親の一生も消してしまったのです。それで、わずか14年というのは、日本とは何と命の重さの軽い国なのでしょう。このごろは、極悪非道な犯罪が頻繁に起きていますが、これらの人たちが、受ける罰と言うのは、本当にわずかなものです。オーストラリアでは、数年前に起きた女性への暴行事件で、30年以上の罪を受けた者もいるほど。被害を受けた女性たちは、一生、消えないトラウマを持って生きなければならないのですから、当然の処置です。それが、子供を殺して、14年とは。14年経ったら、この女性は、自分の起こして事件など忘れてしまうかも知れません。でも、残された人たちは、殺されてしまった子供の思いを一生胸に辛い人生を送らなければならないでしょう。日本の法制度をぜひ改定してほしいと思います。



★ ★

バカは死んでも直らない

木曜日の夜から昨日の昼までゴールドコースト出張。出掛けに、娘が「明日はお父さんの誕生日だけど、覚えているわよね」って。もちろん。だから、日本で、「硫黄島からの手紙」のDVDとその本を買ったんじゃない。ところが、そのDVDと本を、オーストラリアに帰ってきてすぐに、うっかり、ハイお土産って主人に上げてしまったのです。あっ、いけない。誕生日のためのものなのに。困ったな、何か他のもの用意しなければいけないなあ、なんて思いながら、すっかり忘れてしまいました。

☆ ☆
ですから、空港で、誕生日用の本を買ったのです。虫と言ってもいいほど、うちの主人は本が好き。面白そうな?科学の本を買いました。それを、私は、帰りの飛行機の中に忘れてきてしまいました。がっかりしたの何のって。ゴメンねというと、主人は「忘れていたらしいな」どうやら、娘が告げ口。「しかし、俺は誕生日なんてものをあまり重要なものだと思っていないのだから」と、逃げ道を作ってくれました。優しいな。でも、それを言われるともっと辛い。

☆ ☆
ところで、昨日はもう1つ馬鹿げた、イエ、馬鹿なことをしでかしてしまいました。空港で、飛行機に乗ろうとした30分位前に、携帯電話がないことに気が付いたのです。恐らく、ホテルに置いてきたのではと思い、ゴールドコーストに住んでいる娘に取りに行ってもらおうと思ったら、....当然のことながら電話がありません。番号が分かりません。飛行場の公衆電話から、ホテルに電話して、探してもらいましたが、電話は見つからなかったと素気無い返事。泣きそうになって、ハッと気がついのは、もしかして、スーツケースに入れたのではないかと....でも、スーツケースはエアラインに預けてしまいました。消していない私の携帯電話が原因で、飛行機が落ちたらどうしようと、またパニック。

☆ ☆
スーツケースに入っているのか入っていないのか、分からないままに、飛行機に乗って、シドニー空港に着きました。早速スーツケースを開けたら、携帯電話がアッタ!このことを主人に行ったら、本当に、真剣にバカにされました。そして、私も、本当に、真剣に、自分がバカだと思いました。それにしても、携帯電話を失くすということはとても不便なことなのですね。もう1つ持とうかな。念のために。バカ。

かなわねえなあ、日本馬には

「おいおい、またかよ」と、オーストラリア人。今年のメルボルンカップ、コーフィールドカップ、そして、オーストラリアの最強馬を決定すると言われるコックスプレートステイクス、また、オーストラリアのクラシック、VRCダービーにまで、日本馬が登録をしてきたことに対する反応です。まさか、今年も、日本馬が、優勝するんじゃないだろうな。いや、するかも知れないな。ダービーや、コックスプレートまで優勝を攫って行ったら、一体どうなっちゃうんだろう。なんて、オーストラリアの人たちが、恐れを感じているのが、感じられます。オーストラリア在住の日本人としては、ちょっと複雑な気持ち。

★ ★
競馬は、オーストラリア人にとっては、フォークロアと言われる国の文化で伝統です。したがって、馬に関わっている人なら誰でも、たとえ、スモールタイム(小規模)オーナーも、トレーナーであっても、夢は、メルボルンカップで優勝することなのです。それが、外国人がやってきて、その夢を攫ってしまうのは、正直言って、オーストラリア人の立場になれば、とても悲しい気がします。しかし、世界は変化しています。世界は動いているのです。競馬のグローバルはもう避けることができません。「じゃあ、日本はどうなんだよ」という、オーストラリア人の声が聞こえそうですが。

★ ★
今夜は、ゴールコースト。独りで、AFLのゲームを見ています。カモン・セインツ!

レンタルドッグ

オーストラリアに、アメリカからやってきたFLEXPETZ。これは、日本でも良くあるペットのレンタルです。新聞で大きく取り上げられ、RSPCA(動物愛護団体)は、彼らのビジネスの行方を見守ると警告を出しています。ペットは、家族の一員です。ちょっと、考えてみてください。我々の子供をレンタルに出すようなものなのです。次から次へと人がやってきて、餌をもらったり、洋服を着せられて、散歩をしたり.....。彼らは誰にも属さずに、お金を払う人たちの、単なるアクセサリーなのです。この新聞を見て、北海道のペットショップを思い出しました。あそこにも、レンタル犬がいました。そういえば、あそこには、飾り窓の女のように、猫たちがオリに入れられて、顧客がそこに入って、オリにいる猫を撫でたりすることができるのです。猫は家族の一員でしょ。それを展示動物にするなんて。

☆ ☆
そういえば、そこの社長さんは「動物が好きだから、このビジネスに入った」と言っていました。動物が好きになるはずですよね。彼にお金をたくさんもたらすのですから。皮肉。それから、もっと皮肉なのは、そこは、オーストラリアのあるRSPCAと提携して、RSPCAのためにお金を集めているのでした。日本の人が「あれ、日本にも可哀想な動物がたくさんいるのに、何故オーストラリアなの?」って聞いていました。しかし、オーストラリアのそのRSPCAにもかなり問題があります。彼らは、州ごとに独立採算の団体なのですが、中には、まるでビジネスそのものという感じのRSPCAもあるのです。オーストラリアの税制では、寄付は、経費に計上できるので、多くの人たちが、寄付をします。RSPCAには、何億も、何十億ものお金が入ってきます。私はお金が入ってくることを非難しているのではありません。そのお金を使って、多くの動物を救うのであれば、素晴らしいことです。でも、そのRSPCAは、北海道のそのショップからお金だけもらって、提携先のそのペットショップに、動物の福祉について教えることはしていないようです。お金だけ貰えばいいという態度。怒りを覚えます。


☆ ☆
日本の著名な動物園に、オーストラリアの犬の写真家が行ったときのことです。その動物園には、犬が放し飼いにされているようでした。しかし、彼は「そこの犬たちは、犬という感じがしないんだ。何にも無関心で、僕が、カメラを向けても、そこから生命が感じられない。まるで、宇宙の他の星にでも行ったような、不思議な感じがした」と言って、悲しい顔をして帰ってきました。その動物園は、大変著名な方が経営をしている動物園でしたから、写真家のその言葉に、私は、驚きを覚えました。彼の印象が間違っているかも知れませんし、私はその場所に行っていないので、何とも言えませんが。

☆ ☆
それにしても、私は、レンタルドッグ、大反対です。