FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

しょうがない

「しょうがない」と言って、「しょうがない」と言った大臣が辞めてしまったと聞きました。その騒動を主人に伝えようとして、ふと、考え込んでしまいました。しかたがないにピッタリ当てはまる英語がないのです。いえ、あるのですが、その時々の表現になってしまって、その人がどんなつもりで言ったのかわからなければ、確実に翻訳することができないのです。つまり、原爆は既に落とされたものだから、それをグズグズ言ってもしょうがないと言ったのか、我々は原爆を落とされても仕方がなかったのだと言いたかったのか、つまり、落としたほうが正しく、落とされたほうは正しくなかったと言いたかったのか。実際、報道されている英文も様々でした。ちなみに、主人は、大臣が,日本は"原爆を落とされるても仕方のない国だと言った、”JAPAN DESERVED "という風に理解して、彼の”IGNORANCE”無知にあんぐりしていました。

☆ ☆
日本語の意味が分からないと英語にすることができません。したがって、まあまあ。などと言われると、まあまあというのは、一体どんな意味で言っているのかその背景を言ってもらわないと、英語にすることができないのです。すべからく、日本語は曖昧です。日本語が曖昧だということは、日本人の考え方が曖昧だということなのです。

☆ ☆
しょうがないという言葉は、その曖昧さを最も象徴していて、そのために、大臣が辞めたのは本当に、象徴的でした。ちなみに、私はしょうがないという言葉は大嫌い。後ろ向きの姿勢がにじみ出ているような言葉だから。それにしても、一国の大臣になるような人が、原爆を落とされてもしょうがないと言うなんて、ちょっと信じがたいことですよね。しょうがないでは、済まされないでしょ。ホント、しょうがない。ところで、これは、怒りのしょうがないです。
スポンサーサイト