ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

アルツハイマー論議

麻生外相が「アルツハイマーでも」といい、田中真紀子さんが「まるでアルツハイマーだ」とその麻生外相を罵倒する。いずれの場合も、アルツハイマーの病気を良く理解していない。私は、とても悲しく、空しく、その2人のやり取りを読みました。私は、その昔、オーストラリアのアルツハイマーのケアラーを教育する第一人者である、ボブ・プライスさんと、当時シドニーに住んでいた原和加子さんとともに、「ファミリーメモリーズ」という本を小学館から出版したことがあります。また、アルツハイマーのケアラー研修も企画したことがありました。したがって、アルツハイマーについては、少しは知っているつもりです。

☆ ☆
アルツハイマーは、身体的な死より先に、人格の死が先にやってくる大変悲しい病気です。罹っている人も、そして、そのケアをする人にとっても、悲しい無残な病気です。癌であれば、最後まで自分でいられますが、アルツハイマーは、自分ではなくなってしまうのです。こんな悲しい話がありました。シドニーのアルツハイマーのホームの出来ごと。あるご夫婦の奥様がアルツハイマーに罹りました。ご主人も身体が不自由で、そのホームに隣接したケアつきのホームに入りました。時々、奥さんは、ご主人のところを訪問します。奥さんは、ご主人のところから戻るなり、非常に怒ってケアラーにこう言いました。「うちの主人ね、浮気しているのよ」ケアラーが調べてみると,,,,..アルツハイマーのホームには、鏡がないのです。彼らは自分だと言うことが分かりませんから。でも、訪ねたご主人のホームには、鏡があったのです。奥さんは、それを見てご主人が浮気をしていると思ったようです。何て、無残な、そして悲しい話でしょう。

☆ ☆
こんなこともありました。アルツハイマーのホームに行った時のことです。庭に、動かない車がありました。そこで、1人の男性が、動かない車を運転していました。ロビーで、鳴らないピアノを弾いていた男性も。ある男性の部屋には、医学書が一杯並んでいました。彼は、アルツハイマーに罹る前には、ドクターをしていました。洗濯物を、朝から晩まで畳んでいる女性もいました。訪問した娘さんを前に、ずっとうな垂れて全く顔を上げない女性も。悲しそうな、苦しそうな娘さんの顔を、私は絶対忘れません。こんな悲しい病気や患者のことを、麻生さんも、田中さんも、どうして理解しないのでしょうか。実際、彼らも、アルツハイマーにならないという保証は何もないのです。老齢化社会と言われているのに、一国の政治を司る人々が、アルツハイマー病に対する認識が、こんなにないとは、ちょっと信じられないことです。

☆ ☆
私は、親不孝で、父も母も捨てて、外国を渡り歩いていました。アルゼンチンから帰った時に、もしかして、母は、アルツハイマーの初期だったのかも知れません。当時は、そんな言葉もなかったのですが。まだ幼稚園に通っていた甥っ子が、そうした母を、店に連れて買い物に行ったと聞いています。母は、家に戻った私に、「あら、良子。お帰り」と言いました。叔母の名前です。美空ひばりの「1人酒場で飲む酒は...」と何度も同じ箇所を歌っていました。母は、普段、演歌など歌わない人でしたから、どうしてあの歌が母の口に残っていたのか....分かりません。

☆ ☆
オーストラリアのアルツハイマーのホームの中に、待っても待ってもバスの来ないバス停があります。待っても待ってもバスは来ないのです。
スポンサーサイト

何だっていうのよ

昨夜も娘には頭にきていました。2人でコンピューターに向かっていたときのこと。「お母さん、週末街に行く?」「行かないけど、どうして?」「..........」「行きたい用事でもあるの?」「..........」「ねえ、お母さん、日本でね面白い話聞いてきたのよ。聞く?」「..........」「何故返事しないの(怒り)」「喧嘩売る気?全く子供っぽいッたらないわね。お母さんは。」

☆ ☆
今朝は、みんなで、楽しいブレックファーストをカフェでする筈だったのです。主人が駐車している間に、娘と2人でカフェのテーブルに向かい合って座ったたら即座に、「お母さん、鏡、出して見てよ。口紅が口びるからはみ出しているわよ。ああ、みっともない」楽しいはずのブレックファーストが全く台無し。

☆ ☆
娘が、午後サリーと一緒に写真を撮っていました。「あら。お母さんが撮ってあげようか」と言ったら、「どけてよ、写真が台無しになるじゃない」って、どなられました。サリーと一緒に散歩から帰ってきたら、「あら、サリー、お帰りなさい」って、これまで見たこともないような美しい笑顔でにっこり。でも、私のことは、無視。だから、子供より、犬のほうがずっと可愛いっていったでしょ。

ダレン・ビードマン騎手のこと

ダレン・ビードマン騎手とは、もう長い間の友人です。彼が、リーディングジョッキーの地位を捨てて、牧師になるための学校に通っていた時に、当時私が副校長をしていた競馬学校のインストラクターとして来てもらいました。わずかな費用で、彼の住むシドニーから、わざわざ通ってきてもらったのです。その頃の生徒に、現在、シンガポールで騎乗している藤井勘一郎騎手がいます。その後、藤井騎手が、シドニーに来て見習い騎手として頑張っている時に、ダレンにとてもお世話になったといいます。そういえば、彼のお父さんのところに暫く寄宿していた生徒もいました。今は、川崎で攻め馬手をしている森下君です。ダレンは、結局ジョッキー復帰を決めて競馬に戻り、以来、毎年リーディングジョッキーになって、今年は、自己最高記録で、オーストラリアの記録を破ろうとしているところです。

☆ ☆
ダレン・ビードマン騎手の息子のミッチェルが、昨年、見習い騎手のデビューを果たしました。「今までで最も嬉しかったことは?」と聞かれて、彼は「息子が騎手になって初勝利したとき」と答えています。ミッチェルは、ダレンが、ほぼ専属のように騎乗をしている、シドニーの大厩舎のジョン・ホークス調教師からいい馬をもらって、プロビンシャルでデビューしました。初勝利もすぐでした。やっぱり親の七光り、なんて声も上がっていたところです。

☆ ☆
ところが、ミッチェルは、先日、本命馬に乗った父親のダレン・ビードマン騎手を負かして、シドニーで1日2勝するという快挙を果たしました。お母さんに抱かれているミッチェルの姿が大きく新聞に載りました。しかし、悲しいニュースも一緒に載りました。ダレン・ビードマン騎手と奥さんが、別居したというニュース。ダレンは、本当にファミリーマン。いい夫、いい父親でした。香港にいた時に、自分が死ぬような大怪我をしたこと、また、愛娘が耳が聞こえなくなるという病気にかかったこと。それらが原因で、彼は、奥さんからキリスト教会に連れて行ってもらい、そこで祈りを学んだといいます。そして、後年、ダレンは、牧師にさえなろうと思ったのです。ファミリーと信仰が彼の支でした。その彼が、奥さんと別れることになろうとは。

☆ ☆
毎年、クリスマスの時期に、ダレン・ビードマン一家からクリスマスカードが送れられて来ます。いつも、家族全員のスナップショット。楽しそうな写真が一杯入っています。今年は....。

EMAIL

EMAILは、便利ではあるけれど、とても危険です。今日、私は、間違いを起こしてしまいました。自分が感情的になった時に、その感情のまま、メールを送ってしまい、相手に悪感情を与えてしまったことです。幸いにも、受け取った相手がいい人たちだったから良かったようなものの、一時の感情で書いてしまったメールで、大切な友人を失くしてしまうところでした。

☆ ☆
実は、今週、うちの会社で、変なメールを受け取ったのです。まるで喧嘩を売るようなメール。実際、受け取って、頭を抱えてしまいました。うちの会社のSさんが、取り立てて何でもないメールを送ったのに、それに対して、イキナリ怒鳴りこむような返事でした。早速、彼の上司に電話して、交通整理をお願いしました。でも、彼はどうしてあんなメールを。その日、彼はきっと何かがあったに違いありません。上司と喧嘩?それとも奥さんと喧嘩?もっとも、今日の私のメールもあまり変わっていません。恐らく、受け取った側は、「真理子さん、ご主人と喧嘩したのだろうか」とか、昔なら「生理かな」(今はもうないけれど)と思ったに違いありません。だから....メールは怖い。変なメールを送ってきた方が勤める会社の役員であるS氏は、前に、私に会うために遠くからやって来てくださって「古臭いと思われるかも知れませんが、やっぱりパーソナルなコンタクトを取りたいと思います。メールだけだと、ニュアンスなどがなくなってしまいますから」と語っていました。彼は正しいなと思いました。

☆ ☆
メールは両派の刃。これまで多くの人がやってきた御用聞きスタイルのビジネスから、もっと理に敵ったビジネススタイルに移行させるのにとても役立ちます。と同時に、文章が、直接心に入りこんでしまうという、厄介さも持ち合わせます。そのために、メールで浮気をする人が増えているのだとか。メールだと、相手のささやき声さえも聞こえてくることもあるのです。そうそう、先日、「私は英語で考えて、その考えたことを日本語にして書いています」と、言ったら「良く分かります」と答えた方がいました。恐らく、私のメールは、日本語の優しいニュアンスがなくて、ポキポキとビジネスライクなのだと思います。だから、無理して寒い冗談を言うことがあるのですが....。それにしても、メールの場合には、手紙のような、回りくどさは避けたほうがいいと言うのが、私のジロン。「日ごろ益々ご清祥のことと存じます」というのは、メール時代には不似合いだと思います。

シドニーです

昨日は、シドニーに着くなり、ほぼ倒れるようにして眠りほうけました。昨夜も、眠り薬を飲んで、また眠りました。こうしてほぼ20時間眠って、今日は元気に朝を迎えました。眠ること以外に、疲弊した身体の回復は考えられません。考えられますか?

☆ ☆
日本で、残間里江子さんと久しぶりの対面。そして、何と珍しいことに吉永みち子さんとも合流することができました。美しき(?)、団塊の世代の大集合。今回、里江子さんに「黒澤」という店に連れて行っていただき、黒澤監督が愛したという「豚しゃぶ」をご馳走になりました。豚しゃぶというのは、生まれて初めていただく料理です。塩コショウでいただいたせいでしょうか、普通のしゃぶしゃぶよりも、もっとサッパリして、とても美味しくいただきました。それから、嬉しかったのは、里江子さんの右腕で、彼女の会社の社長を務めるNさんと、そして里江子さんの92歳になるお母様にお目にかかったこと。92歳になる里江子さんのお母様は、素敵なドレスで、美しく化粧をして出かけてきてくださいました。それはそれは素敵でした。「耳が聞こえなくてごめんなさい」って、謝っていましたが、私も、吉永さんも、即座に「私も耳が聞こえないの」と。そこで、暫し、皆で、補聴器談義。久しぶりに会って、補聴器談義とは。やはりお互い年をとってしまったのね。いずれにしても、補聴器をかけるなら、早いほうが良いって言っていました。そろそろ考えなくてはいけないのかしら。

☆ ☆
空港で日本とのサッカーゲームを半分だけ見てきました。ゼロゼロのまま、飛行機に乗ったのですが、オーストラリアが負けたんですってね。帰ってきて新聞を見ましたが、オーストラリアではあまり大きく報道されていません。負けたことを報道したくないのは、当たり前のことかも知れませんが。いずれにしろ、こうなったら、日本にはアジアカップに勝ってもらいたいと思います。金曜日の夜に、我がチーム、セインツが、また素晴らしい勝ち方をしたと主人が言っていました。主人は、「ガールズゲームのサッカーより、AFLのほうがもっと重要だ」と言っています。

☆ ☆
今日は、朝、サリーと散歩。夜は主人と一緒に、サリーを連れて散歩。それから、主人が、チキン入りのパイを作ってくれて、ああ、美味しかった。それにしても、明日は、散らかった家の中を片付けなくては。

うんちビルの謎

またかと思われるかも知れません。しかし、昨日、私は巨大なうんちビルの謎を解きました。浅草のアサヒビール本社に行ったときのこと。あのウンチは一体何なのだと聞きました。答えは、あれはかつてアサヒビールが、スーパードライで蘇った時に、社員のスピリットを表現するために作られたものだとか。しかし、消防局の指導?で、縦ではなく、横になり、キラキラ光る精神を反映した黄金だったものが、交通局からの指導?で黄色いになり、結局今の巨大ウンチになってしまったのだというのです。世界の七不思議を解明するよりも、もっと感動しました。巨大うんちが、アサヒビールの精神だったら、やっぱり一緒にお仕事をしたいな。よろしくお願いしまーす。

☆ ☆

さあ、あと20分で下に下りていかないと、成田までのバスに乗り遅れてしまいます。そうです。いよいよ家に戻れるのです。長かったな。でも、うんちの謎も解明したし、これで、スッキリして、元気に買えることができます。そうそう、この前、日本で、今流行のマタニティードレス風のトップを買いました。年齢的に無理な年代とは言え、お腹がブくっとしているので、どうしても、マタニティドレスに見えてしまいます。恐らく、シドニーに帰ったら、イキナリ批評されて、娘に取られてしまうのがオチ。でも、とりあえず、シドニーまで着ていきましょう。

☆ ☆

日本とオーストラリアの運命のサッカーを、成田で見るつもりです。タクシーの運転手に聞かれました。「お客さんのように、オーストラリアに住んでいる人はどちらを応援するのですか?」「もちろん、オーストラリアです」

白い手袋?

忙しくて、中々、政権を聞いている暇がありませんが、とりあえず、TVで情報を集めています。それにしても、共産党から自民党まで、どうして、候補者たちは、白い手袋をしているのでしょうか。何か特別の理由があるのでしょうか。知っている人がいればぜひ教えてください。

☆ ☆
もう2週間目の日本。タクシーで移動する時には、いつも運転手さんたちと話をしています。彼らの意見を聞いている限り、自民党は惨敗の感じがします。暮らしは楽にならないし、民主を信じているわけではないが、代えてみる価値はあるというものが多いようです。また、「俺たちが誰に入れても、農村がさ、悪いやつらを選んでくるものね」と、都市と農村の対立を顕著にする発言もありました。

☆ ☆
今日は、とても美味しいイタリア料理を、ご馳走になりました。あんな美味しいイタリアンをご馳走になりながら、自分のビジネスを営業するのは悪いなと思いながら、営業をさせていただきました。レストランの名前は、321。銀座プランタンの上です。日本のイタリアンは、時に、日本食っぽいイタリアンになっていますが、感激でした。

☆ ☆
さてさて、また日本とサッカーがまた対戦。ワールドカップ前に、日本に来た時には、会う人たちが皆「日本が勝つのが当然でしょう」と言っていました。今度も、ほとんどが「日本が勝つでしょう」と言っています。

パンツから小魚

また下品な話で申し訳ありませんが、今朝パンツの中から小魚がポトンと落ちました。えっ。何なの。私は、小魚を産んでしまったの。しかし、小魚には見覚えがあります。ランチの時に、摘んだ小魚。良く、考えると、ランチを食べた際に、小魚を、胸に落としてしまい、その胸から、腹を伝って、パンツの中に、小魚が入り込んだものなのでした。ああ、驚いた。

☆ ☆
驚いたのは、それだけではありません。昨日、折角、台風を避けて仙台から帰って来たのに、今日は、東京で地震を体験しました。日本を出ておよそ30年。20年ぐらい前に、一度だけ、東京で地震を経験したことがありますが、今回は二度目。東京はわずか震度3度だったのに、ホテルの上階にいたために、大揺れでした。ギシギシという音もして、本当に怖い思いをしました。また、パンツの話で申し訳ありませんが、地震が来て、最初にしたのは、パンツを穿いたこと。瓦礫の中から、裸のオババが出てきたのでは、レスキューの人に申し訳ないと。というより、実は、パンツを穿いていないと、逃げることが出来ないというのが本当の理由。それにしても、この地震で、新潟では亡くなった方々もいらしたということを聞きました。合掌。


☆ ☆
今日は、シドニー稲門会の、かつての、会長たちと会食。お2人は、既に退職されているのですが、元気そのもの。会長時代から、素敵なおじさんたちでしたが、やはり、変わらず素敵でした。何が素敵かって?偉そうな顔をしないし、話をしていて、とても楽しいところが素敵。ところで、シドニー東京稲門会には、あの大橋巨泉さんもいますよ。

☆ ☆
今、馬鹿なブログを書いていたら、また、グラッと。余震でしょうか。怖いので、早くオーストラリアに帰りたあい。

南半球馬のこと

土曜日には、仙台で、2年前にマジックミリオンズセールで購入されたキングガイアのオーナー、S氏にお会いしました。とにかく、この方とパートナーは、馬と競馬が本当にお好きな方たちです。先週、本命で10着に敗れたとはいえ、キングガイアの能力を信じています。南半球産馬は、このところ日本で大活躍している、キングガイアもこれからだと。南半球馬は半年遅れ。これは、たとえハンデをもらっても、若いときには、決して楽に越えられるハンデではないと思います。したがって、急いで仕上げようとすると、絶対無理。あるいは、最初勝っても、それで終わってしまいます。オーストラリアにも、時々北半球からやってくる馬がいますが、調教師たちは、まず気候に慣れさせて、ゆっくりと仕上げていきます。メルボルンカップを3年連続で優勝した、あのマカイビディヴァも実はオーストラリアで、半年遅い北半球時間で生まれているのです。焦らなければ能力のある馬は、いつか必ず力を出すはず。S氏は、今年も、オーストラリア産のテイルオブザキャットを買われました。これも頑張って欲しいな。とても能力のある馬のような感じがしたので。

☆ ☆
アマゾンでたくさんの本を買いました。「狼に育てられた子」「犬の行動学」「動物の不思議な感覚」(間違って2冊も買ってしまいました。バカ!)「旭山動物園・改革」「人間はどこまで動物か」「犬の科学」「マンウオッチング」「裸の猿」「ボディウオッチング」早読みの私は、2冊ほど読んでしまいました。3連休で、人に会う以外は手持ち無沙汰。家が恋しくてならないので、寂しさを読書で紛らわしています。

☆ ☆
今日は、愛犬の友の、原稿を書きました。そろそろ、競馬の記事も書かねば。暫く書いていなかったので、オーストラリアの競馬について書きたいことが一杯。競馬ブック読者の皆さん、楽しみにしていてくださいね。

嬉しいな

実は、今日はGOOD NEWS! 先日紹介した、VICKI BENNETTの本が、売り切れになってしまいました。実は、昨日、彼女の本を知人にプレゼントしようと本屋に行ったら、1冊しかなかったのです。出版元に、今日、連絡したら、SOLD OUT(売り切れ)ですって。そして、こんなに早く売り切れたのは記録的だとも。ビッキーと私は、既に10年ぐらいの長いおつきあいです。彼女が書いた本を読んだのがきっかけで、彼女のブックエージェントになりました。色々努力しましたが、なかなか興味を持ってくれるところが少なく、その間、数年前、日本で「絶対幸せになる100の鍵」という本をエイペックスから出しましたが、残念ながら、あまり売れませんでした。ところが、英語の本にも関わらず、今回は売り切れ。ホントに嬉しいです。早速日本語版の計画もでました。次の本は、熟年離婚しそうなカップルにアドバイスの本などいいかなと思っています。彼女へのインタビューは日本語と英語でhttp://www.yohanstudy.com/feature/014/index.htmlで見ることができます。

☆ ☆

明日は仙台に行ってきます。弟が長い間かけてオープンのために頑張ってきたFM太白のスタジオを訪問するのがとても楽しみ。仙台のテレビでも開局が放送されたとか。地域に根付く、素敵なラジオ局にして欲しいな。

FC2Ad