FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

年の若い友人たち

年をとっていくに従って、嬉しいことがあります。皺の数が増えるのもそうだし、身体が弱っていくこともそう。若いときには全く分からなかった年寄りの辛さが良く分かるようになってきて、何だか自分が賢くなった気がします。それから、年齢差を越えて、若い年の友人たちができるのも楽しみのひとつ。彼らの意見を聞いたり、自分の意見を聞いてもらったり。今夜も、若い写真家&ADと編集者と一緒に食事をいただいて、また楽しい出会いがありました。編集者の方には、いつも、私の数字の間違いを直していただいています。彼の協力がなければ、私の原稿はゴミのようなもの。

☆ ☆
「そうか、あなたたは、私の16歳の時に子供」「あなたは私の24歳の時の子供」って言ったら、「それどういう意味ですか」って聞かれました。「私がもし16歳で子供を産んでいたら、あなた位の年齢の子供がいたっていうこと」「そうですか」って、何とも分かったような分からないような反応。私は、こうして、若い年齢の友人たちを煙に巻いては、楽しんでいるのです。

☆ ☆
ここ数日、暑さの中、一緒に仕事先を回っていただいているYさんも、最近私が知り合った、若い友人の1人。頑固で人の意見を聞かない、婆さんや爺さんたちを相手にするより、若い人たちと仕事をするのは、本当に楽しいことです。ヨーシ頑張ろうという気になってしまいます。そうそう、そのYさんの事務所のK婆さん。これはいわゆるお局様。今朝ほど、Yさんに電話をしようと思って、間違って、彼女の直通番号に電話(結構あるのですが)してしまったら、例によって暗ああい声で「何度も言っていますが、これは私の番号で....」ハイハイ。でも、どうして「おはようございます」って言えないのかしら。だから、誰も振り向いてくれないんだよ。クソババア。

☆ ☆
明日は名古屋で、午後は大阪。大阪に一晩泊まって、東京に戻り金曜日にシドニーに帰ります。早く、家に戻りたいなあ。

メタタブ困った

困ったものです。メタボリックシンドロームを直すタブレット、メタタブを飲むと、本当に困ったことが起きるのです。それは、おならが出ることです。今回も、日本に来るときに、飛行機の中でブー。その昔、人前でおならをする人を、私は、心から軽蔑してきました。それが、自分がその立場になるとは、一体何と言うことでしょう。先日、探知犬と一緒に仕事をしていて、ちょっとブー。探知犬たちがその臭いを探知しないかと本当に心配でした。

☆ ☆
出張で外食が多いのも、おならの原因です。年をとって、少し筋肉が弱っているのも原因かも知れません。ホント、不調法で申し訳ありません。

☆ ☆
さて、先日は久しぶりに愛校心を発揚しました。ハンカチ王子の活躍で、久しぶりに早稲田の愛校心を取り戻したのです。ハンカチ王子、可愛い~い。などと言っている人たち、特におバンたちを、軽蔑してきたはずなのに、私も、すっかりハンカチ王子ファンに。「早稲田は、一生勝ち続けます」などと、「永遠」と「一生」を間違えたけど、可愛い坊やが間違えれば、それもまた可愛い~い。あんな息子がいれば、もっと楽しいだろうな。王子のお母様、つまり女王様が羨ましい!

思い出の鎌倉

今日は、スティーブ・オースティンと一緒に、鎌倉に行ってきました。江ノ電で、長谷まで。長谷寺で、紫陽花の花を見物。でも、凄い人ごみでした。長谷から由比ガ浜にウオーキング。汚いゴミ。最近までホームレスが住んでいたと思われる小屋のあと。砂浜も汚かった。美しいオーストラリアのビーチを見ているだけに、ショックでした。

☆ ☆
この由比ガ浜は、私の子供の頃に良く行ったビーチなのです。外国から帰ってきた父が、暫く、北鎌倉の従兄弟の家に居候していて、夏になると、母と弟と一緒に、仙台から父に会いに行きました。そして、由比ガ浜で良く海水浴をしたのです。電気くらげに刺されたことも思い出の1つ。今日は、由比ガ浜の海岸前のアメリカンなレストランに行って、スティーブと食事をしました。ナスとひき肉のカレーは、最近になくGOOD!

☆ ☆
素敵だったのが、緑の中に座っている大仏様。表情が本当に穏やかで、見ているとホッとしました。何時間でも見つめていることができそうでした。子供の時には、大仏の顔は、単なる顔に見えて、表情を見ることができませんでした。実際、心模様というものは、年齢によって本当に違うものなのですね。


☆ ☆
ミスターゼンが、今日また勝ったと、オーストラリアの主人から電話あり。いつものように、一番後ろに行って、いつものように、ゴール前で前の馬を捕まえて勝ったとか。ミスターゼンはとても不器用でそれしか勝つ方法がないのです。それなのに、ここ6戦して何と4勝。もうすぐミスターゼンは8歳になります。7歳で花開くなんて。私も、頑張らなくては。

もしかして....

成田で仕事を終えて、さきほど東京のホテルに戻りました。5日間、一生懸命仕事をしてきました。私は、性格上、一生懸命仕事をしてしまいます。ダラダラと仕事をすることがどうしてもできません。だったら仕事などしないほうがいい。私は、他の人の人のことを構わずに、一生懸命仕事をしてしまいます。時々、その一生懸命が高じて、勇み足をしてしまったり、やりすぎてしまったり....最も悪いのは、金のことをつい忘れてしまうということです。この悪い癖は、還暦近くなっても、直りません。でも、私は、仕事をすることで、もしかして、誰かの役に立つことができればと、いつも考えています。これも、その誰かにとってみれば、あまり役に立っていないのかも知れません。もしかして、クソ婆は煩いと思われているかも知れません。でも、もしかして、あるいは、もしかしたら、私と一緒に仕事をして、助かったなあと思っている人もいるかも.....。とすれば、疲れても、つらいことがあっても、やっぱりまた一生懸命仕事をしようと思ってしまうのです。

★ ★
明日は、スティーブ・オースティンを鎌倉に連れて行ってあげようと思います。彼は、今まで、何度も日本に来ているのに、いつも仕事だけで、これまで全く観光をすることがありませんでした。だから、ぜひ日本を見せてあげたいと思っています。といっても、彼は、明日の夜にオーストラリアに帰る予定なので、遊びは明日一日だけ。鎌倉で、アジサイの寺や、その他庭の美しい処を探してみます。これは、彼に対する私からのリワード(ドッグトレーニング用語で、ご褒美のこと。これを貰うと犬たちが喜んで仕事をする!)。人間だって、リワードがあるから仕事をするのです。このリワードは、私の彼に対する感謝の気持ち、友情の印です。

★ ★
今回の出張で、我々は二人で、本を書くことにしました。彼はドッグトレーナーの立場から。私は、教育に携わるものの立場から。ドッグトレーナーと人間教育を二重写しで書いてみたいと思います。ステーブは、全くものを書きませんから、口述筆記。それを私のものと合わせて、結局は私が書く!!いつ、時間ができるでしょうか。もっとも時間は自分で作るもの。はあ。

★ ★
昨日、オーストラリアの種牡馬についての質問をされた方へ。オーストラリアのサラブレッド産業に関する調査をしたり、PRをしたりするAUSHORSE(オズホースという団体のウエッブにアクセスしてみてください。そこには、様々なサラブレッドの生産に関する統計が出ています。ところで、私は、その方のコメントに、直接回答する方法を知りません。ブロ具の機能をまだ全部覚えきっていません。ホント、もっと勉強が必要だな。そうそう、それと、このブログには、カジノとかパチンコとかギャンブル関係のコメントが毎日何十通も送られてきます。開けたことはないのですが、これを避ける方法ってないのでしょうか。誰か教えてください。

★ ★
拍手してくださったかたへ。Thanks!!

失われたブラジャー

昨日のことです。日本に来てから、汗ばんだので、ホテルの洗濯にブラジャーとシャツを出しました。昨夜仕事から帰ってきて、フロントに聞いたら出来ているということ。部屋に持ってきてもらうように依頼したのですが、待てど暮らせど来ません。電話して聞いたら、934号の人に渡したというのです。ちょっとちょっと。934って、スティーブ・オースティンの部屋でしょう。フロントが言うのには、彼は受け取ったというのです。???

☆ ☆
スティーブ・オースティンは、私が上げたスリーピングタブレットを飲んですやすや寝ていたらしい。ところが、KNOCK KNOCK。眠気眼で出たら、ホテルの係りが包みを持って立っていました。何ですかと聞いたらしいのですが、ホテルの人は上手く英語で説明が出来ません。プレゼントかなと思って、オープンしたら.....ムム.....ブラジャーが。しかし、眠くて思考能力がなくなり...ベッドに戻りました。またスヤスヤと眠り始めたところに、私からの電話。「ヘイ、スティーブ。私のブラジャー受け取った?」今朝、スティーブは、ブラジャーを直す振りをして、このブラ、ちょっとキツイナア。

☆ ☆
さて、仕事先のHさん。私のブログなんか見てるんだって。だめよ。世の中にはもっとましなことがあるんだから。今日、実は、メタタブのことを書こうと思ったのです。メタタブ、つまりメタボリック・タブレット(錠剤)のこと。これを飲むとどうしても、ガスが出る。そのガスの詳細を書こうと思ったのですが、さすがに、仕事先の人々が読んでると思うと書けなくなりました。忘れた頃に書こうっと。

方向転換

人生で何度方向転換をしたのでしょう。数え切れません。最も大きな方向転換の1つは、アナウンサーを辞めて、コピーライターになったこと。あのままアナウンサーをしていれば、恐らく、今頃、髭などはやして、悠々定年退職をしていたかも知れません。その他に、貧乏ながら仙台に小さな会社を経営していたのに、それを止めて、シングルマザーになり、アルゼンチンに行ったこと。エトセトラ、エトセトラ。

☆ ☆
マーケティングを主にしていた私の会社は、15年ぐらい前から、馬関連に乗り出し、これまでは、何とかやってきました。ところが、日本を向いて仕事をしている我々にとって、日本の競馬界の現状が、今、逆風となってビジネスとして斜陽になり始めました。幸いにも、犬関連ビジネスは、グングン伸びてきてはいますが、恐らくあと1年ぐらいは基礎の段階だと思います。ということで、私は、投資家たちと新しい会社を立ち上げることにしました。MHAフランチャイズ。MHAとは、私の名前、マリコ・ハイランド・アンド・アソシエーツの略、フランチャイズ?これは、オーストラリアのフランチャイズを日本に、日本のフランチャイズをオーストラリアに持ってくるための会社です。

☆ ☆
ということで、今回は、オーストラリアのステーキハウスチェーンを持ってやってきました。チェーンの名前は、HOG'S BREATH CAFEホッグスブレスカフェ。オージービーフを使った巨大ステーキを出すオーストラリアの人気レストランチェーン。日本では知られていませんが、日本からの観光客に良く知られたレストランなのです。そうそう、ホッグスブレスカフェとは、イノシシの息のカフェ。変な名前ですが...店内は70年代のアメリカのカフェを模した洒落たテーマレストランです。応援してね。


しみせんべい

昨夜から成田空港です。成田空港のワシントンホテルに泊まっています。かつてのひどいワシントンホテルから、すっかり様変わりした、快適なワシントンホテルです。安いけれど快適。高ければいいという訳でもありませんね。

☆ ☆
ところで、先日、目白の駅で売っていた茨城県産のしみせんべいを買って食べたら、美味しいのなんのって。本当は仙台の叔父に買ってきたのに、ちょっと1枚って食べたら、癖になって、最後は、叔父にやらずに、私1人でがつがつ。ハンドバックにも入っています。そのバッグからポロッと落ちた、しみせんべいを弟夫妻が拾って食べ、やっぱり美味しかったって...。でも、ホントに美味しい。まだ何枚か残っていて、今も、ホテルの部屋でボツボツ(カリカリでなく!)食べています。ああ、美味しい。

☆ ☆
スティーブ・オースティンは単なるドッグトレーナーではありません。彼は、モチベーターです。犬にも人にもやる気を起こさせる天才です。今日も、空港で一緒に仕事。犬を連れてダラダラと歩くような仕事をしないで欲しい。一回一回、汗が吹き出てくるような真剣な仕事をして欲しいと、民間のハンドラーたちに檄を飛ばします。どうか、彼らが、その檄を理解してくれますように。

☆ ☆
さて、今夜、そのスティーブと一緒に、夕食を食べていたら、泣き叫ぶうるさい子供を連れて食事をしている馬鹿な夫婦がいました。何だか分からないけれど泣いている子供に「よしよし」。スティーブは、子供は泣けば親がよしよしするから、それをリワード(褒美)だと思うんだよなって。吠える犬に「だめよ」などと言って、アテンションを与え、リワードをあげる馬鹿な飼い主のようだって。それにしても、あの親たちは実にマナーがない。オーストラリアではうるさい子供を夕食に連れて行くことはめったにありません。

Happiest Moment

幸せな瞬間というのは無数にあります。でも、ハッピエストモーメント、つまり、最も幸せな瞬間というのは、そうたくさんはありません。そのハッピエストモーメントが、実は昨日の晩にありました。仙台で、弟家族と一緒に食事をして、その後、一緒に歌を歌いに行ったことです。弟と私は全く違う性格を持ち、全く異なる生き方をしています。ですから、心を割って話をするチャンスはありませんでした。これからもないかも知れません。しかし、心を寄せ合うために必要なのは、果たして言葉だけでしょうか。

☆ ☆
私たち4人は、昨日の夜、歌でつながりました。「マアチャン、親父がビルマに行った時の飛行機の便覚えているか」と弟。「羽田発7時50分でしょ」と私。「じゃあ、その歌、歌ってやるよ」と弟が歌ってくれました。甥っ子が、「お父さんたちが一番音楽に関わっていた年代って?」と聞きました。「70年代かな」甥っ子は72年代に流行った歌のメドレーを流しました。それから65年も。実は、その昔、弟のギターで、デュエットをしていたことがあるのです。あれからもう40年の月日が経ちました。それから楽しいことも、悲しいことも、苦しいことも、そして嬉しいことも、数え切れないほどありましたが、昨日の晩は、the happiest moment in my life!!

☆ ☆
さあて、明日の朝は、早く起きて、オーストラリアからやってくる、世界一のドッグトレーナー、スティーブ・オースティンのお迎え。それから、1週間彼と一緒に成田空港で仕事です。スティーブと一緒に仕事をすると、たくさんの事を教わります。犬と人との関わり方。そして、人と人との関わり方。さあ、明日も頑張りましょう。