FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

Better Than SEX

暫く頭痛が続いていました。どちらかというと、身体的なものではなく、精神的な頭痛だったのかも知れません。当てにしていた契約書がなかなか届かないというのが、最大の原因。でも、今夜は、見事に、頭痛が治りました。というのも、私たち夫婦が贔屓にしているAFL(オージーフットボール)のチーム、SAINTSが見事に勝ったからなのです。我がチームの選手たちがゴールをキックするごとに、”YES!"大声を上げて、”やった!”そのうち、頭痛はすっかり治ってしまいました。正直、フットボールはセックスよりいい?!

☆ ☆
上の娘から電話。実は彼女、今日から1年ぶりの仕事開始だったのです。携帯にミストコールがあるのを見てドキドキ。また何かあったのだろうか。もしかして、仕事先で喧嘩したりしたのではないだろうか。その後の電話で、万事順調だということが分かりましたが、私はあまり喜びません。これまで、あまり有頂天になると、必ず裏切られてきていましたから。まずは、1日1日、1回1回がよければそれでヨシと言う事にしています。この前、シドニーから、私が読んだ本を持って行きました。できれば、その本をボーイフレンドも一緒に読んで欲しいと..その本のタイトルは"Dying for Cure" 死ぬほど治したい。著者は、鬱病と誤診された挙句に、医者から大量の薬を飲まされて、逆に鬱病になり、その後大変な思いをして病気を治したというオーストラリアの女性です。

☆ ☆
今週、オーストラリアで、何万人という子供たちが大量の躁鬱症の薬を処方されているというニュースがありました。まだ子供ですよ。子供が普通と異なる行動をしたからと言って、躁うつ病の薬を飲ませるとは...本当にヘンです。医者もヘンだし、親もヘン。いずれにしても、この本のケースが、娘のケースと一致するのかどうか分かりませんでしたが、彼女が医者から貰った薬を飲むと逆に具合が悪くなるという話を聞いていましたから、この本から、彼女が何か学んでくれればいいと思ったのです。その後彼女のボーイフレンドからもメールがありました。二人とも、私が持っていった本を読んで、すっかり目が覚めたというのです.....娘も、病気は医者や医者の薬に頼るのではなく、自分で治すものだとしみじみ思ったというのです....だから、今日から仕事を始めたわけですが.....もっとも、これもまたあまり信じることができません。そんなに簡単に、鬱病が治るとは信じることができないのです。ただ、彼女が少しずつ介抱に向かってくれればいいと....一歩ずつ....少しずつ..

☆ ☆
主人は今、さっきの勝利ゲームのリプレイを見ています。いい加減にベッドにきてくれればいいのに..もっとも、主人にとっても、フットボールは、Better than sexなのかも知れません。分かるな。

☆ ☆



スポンサーサイト