FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

痒い!ボリボリ

2月ぐらいから首のところに湿疹が出来てなかなか直りません。医者に行ったら、すぐステロイド系のクリームを処方されました。ステロイドを使うのは乗り気ではありませんでしたが、すぐに直るのであれば仕方がないと、とりあえず使ってみましたが、実際は直る兆しもありません。そこで、前にヘルスショップで買い求めたハーブのジェルを使ってみましたが、これもあまり効きません。体温が上がると湿疹は更に痒みを持ちますから、寝ている間に痒みがひどくなり、夜中に何度も起きてしまいます。

☆ ☆
でも、私の決心は....ステロイドは絶対使わない。したがって、私はまたヘルスショップに戻っていきました。何年か前、息子の湿疹を直そうとフツーのお父さんが作ったミラクル・クリームのことがTVで放送されました。プロポリスと、マヌーカハニーなどを混ぜたもの。今、それを必死で使っています。何だか少しよくなったような気もします。それから、クリームだけなく、これまで飲んできたフィッシュオイルの量を最大に増やしました。それも少し湿疹がよくなった理由かも知れません。また、気候が少し涼しくなったのも多いに助かっています。それにしても、痒みはとても耐え難いものです。いい年のオバちゃんが、ボリボリと首の辺りを掻くのも実に、実に、醜いもの。でも仕方がありません。助けて!ボリボリ。

☆ ☆
さっきまでTVのアニマルプラネットで TOKYO DOGという番組を放送していました。うちの娘は、普段、動物関連の番組は見ないのですが、この番組はかなり一生懸命見ていました。犬のための温泉や、犬のための結婚式や、犬のための誕生パーティーや、犬のレンタルサービスなどを見て、17歳の彼女は怒りを込めて言いました。「お母さん、あんなことをする人たちがいるなんて、同じ人間としてとても恥ずかしい」と。また、自分にもその血が入っているのに、こんなことさえ言いました。日本人は本当にヘンな人種であると。あんなことは、つまり犬のための結婚式や誕生日などは、人間のためのもので、犬たちがそれを理解したり喜んだりしているようには全く思えない。犬のためのおせち料理を作った飼い主が、ペット犬たちに箸で料理を与えているのを見ながら、「お母さん、犬に箸を使って食べさせるなんて....。あの箸を作るために、大切な樹木が何本も切られてしまうのよ。それをあの人たちは分かっているの?」。彼女の怒りは心頭に達しているようでした。主人ももちろん、娘の意見に大賛成。私も...モチロン。犬を愛する気持ちがあれば、犬の結婚式や誕生パーティーなど、あんなバカげたことはしないはずです。私だって、うちのサリーを愛している気持ちは誰にも負けないけれど、結婚式をしたり、おせち料理をつくったり、そんな馬鹿なことをする気は毛頭ありません。一体あのオーナーたちの脳みそはどうしてしまったのでしょう。


☆ ☆
それから、あの憎き石原が都知事選で勝ったと聞きました。浅野さん、残念。史郎ちゃん、ご苦労様。それにしても、またあの石原の顔を暫く見るのかと思うと....。
スポンサーサイト