FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

SAME DIRECTION

”愛はお互いを見詰め合うことではなく、SAME DIRECTION (同じ方向)を見つめることだ”というカードを、これから結婚する人に選びんで送りました。若いうちは、私も含めて、愛は、お互いを見詰め合うことだと錯覚しがちです。実際、お互いを見詰め合ったら、悪いことだけ見つけてしまいますよね。学生の頃。私なんかは、全くボーイフレンドと関係なかった時代、私の女友達の1人が、「あのね、ある日、彼の顔に一本だけ髭のすり残しがあったのよね。そしたら、全てが嫌になっちゃって」と、かくして彼女は彼と別れたのでした。ふうん、そんなものかと、そのときの私は思ってしまいましたけど、だから相手を見つめてはいけないってことなのだと思います。その友達はそれから他の人と結婚して別れて....最近ずっと会っていないけどどうしたかな。あの時、髭すり残した彼と結婚していたら、どうなっていたのかなあ。

☆ ☆
ある男性の話。「あのさ、ある日、彼女がプーと俺の目の前でスカシチャッテサー」と、オナラが原因で別れた人もいるのです。しかし、この人は、人間の愛を良く分かっていない!例えば、愛している彼女が、あるいは奥さんが手術をしたとします。術後、待望のおならをしました。つまり愛とは、そのオナラを一緒に待つことなのではないのでしょうか。このつまらないブログを毎日見てくれている大阪のご夫妻は、二人ともギャンブル気違い(すみません)。彼らは、毎週競馬場に出かけ、一緒に馬を見つめ(?)ます。勝っても負けても二人はずっと馬を見つめ続けるのです。これこそ究極の愛。愛を求める人は彼女と彼と、一緒に競馬に行きましょう。

☆ ☆
何年も前からSAMURAI JOKCKYという話を書きたいと思って取材しているのに、時間がなくてなかなか書けませんでした。でも、もう書かなければ。といっているうちに、オーストラリアに勉強に来て騎手になった藤井勘一郎君が、先日シンガポールで重賞レースに勝ちました。15歳の頃の彼の生意気そうな顔がまだ目に浮かびます。

☆ ☆
スポンサーサイト