FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

ドクターの時給

私は日本の獣医は楽してお金をもうけている人たちだと思っていました。しかし、今回のセミナーで、獣医の中には、動物のために安い時給で頑張っている人たちもいるのだということが分かりました。そういえば、先日、外国の医者たちと比べれば、日本の医者たちがいかに安い時給で長時間働いているかという記事を読みました。医者や獣医師たちは、普通よりずっと長い間勉強して高い知識と資格をとった人たちです。それが、人間並みの休みもとれず長時間働かなくてはならず、おまけに相当のお金を貰っていないのだとすれば、それはヘンだとしか言えません。リスペクトいう英語の言葉は、尊重ということ。専門家や専門のスキルをリスペクトするのだとすれば、それは、それ相当の対価を支払うべきです。命はたった一度のもの。人の命や動物の命を守るドクターたちにQOL(クオリティオブライフ)がなければ、彼らが人間や動物のQOLを守るのはとても難しいような気がします。おまけに、仕事相当の対価がないのであれば、結局は潰れるだけ。例えば、オーストラリアならこうした状態にドクターたちはどうするでしょうか。恐らくストライキをすると思います。大義のためには、手荒なことも必要なのです。日本でも、ドクターたちよ。立ち上がれ。

☆ ☆
さて、今日で5日間の動物理学療法セミナーが終了しました。皆さん、とても喜んでくれて、私もほぼ2年近く、このセミナーを考え、何とか実行した甲斐がありました。一日も早く、日本に動物理学療法を広め、日本の多くの犬たちが幸せになりますように。

スポンサーサイト