ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

NO KILL ポリシー

オーストラリアから来た嬉しいニュースです。オーストラリアの動物保護団体は、近年大きな力を持ち、マーケティングやPRによって、高額のドネーションを手にしています。善行を積むためには、やはり資金が必要。その資金で、虐待された動物を救助し、保護し、りホーム(里親)を探してセカンドチャンスを与えています。最も、大きな役割だと思うのは、やはり、教育。小学生から高校生まで、シェルターに呼んで、動物保護のためのレクチャーをしたり、彼らにボランティア活動をさせたり、積極的に活動しています。


それでも、オーストラリアでは年間25万頭もの犬と猫が、安楽死処分にされています。うち、4分の1は、シドニーが首都のニューサウスウエールズ州。そのニューサウスウエールズ州の大きな動物保護団体の一つ、シドニー・ドッグ・アンド・キャッツホームでは、今度、 "healthy and treatable dogs", つまり、健康で扱い可能な動物は、全て、安楽死処分をしない、No Kill ポリシーを実施すると発表しました。彼らのシェルターに連れてこられる動物の90%は、「健康で扱い可能」なのだと言います。なのに、家族が離婚などで離散したとか、プレゼントとしてもらって、結局は手放すことになったとかいう、無責任な理由で捨てらるのです。


このシドニー・ドッグ・アンド・キャッツホーム側では、今回のポリシーに関して、 community involvement and responsibility  コミュニティー・インヴォルブメントとリスポンサビリティが必要だだと言っています。本当にそうです。保護団体だけが、頑張っても、社会が「知らないよ」と言えば実現しないし、それぞれの人々が、動物は家族の一員で、命あるものだということを考えるべきです。動物の命を考えるということは、人間の命も考えること。私は、前に、人間のための緩和ケア・高齢者ケアのセミナーをオーガナイズしていたことがあるので、その時に、命のことやQOLを学びました。


この No Kill ポリシーは、オーストラリアではアニマルウエルフェアリーグ・クインズランド(AWL)が先鞭をつけました。小さなシェルターでは、このポリシーを実行していたところもありましたが、大規模なシェルターでは彼らが初めてでした。彼らは、大きくて素晴らしい施設を持っていて、収入源の一つが、併設された獣医クリニックだということでした。クリニックには多くの人が来るので、動物愛護について教える機会にもなるし、一石二鳥です。日本のシェルターでも考えてみたらいかがでしょう。また、日本では、まず、マーケティングを考えるべきだと思っています。でも、どうしても、「金儲けかあ」と忌避される感じがします。ドネーションを増やすためには、政府に、シェルターなどへの寄付行為はタックスフリーにすることを働きかけることも必要です。たくさんお金を募って、それを有用に使う。動物たちのために。

★ ★
先日、六本木に行った時に、深夜営業のペットショップの前を通りました。一緒にいたNさんが「可愛いでしょう」と言ったことに衝撃を受けました。彼は大変いい人なのです。とてもいい人なのです。でも、彼は、それが、動物虐待だとは感じなかった。知らなかった。虐待は色々なところに存在します。オーストラリアでは、犬を繋ぎっぱなしにしておくこと、水や食べ物をキチンとあげないこと、日当たりの強い場所にシェルター(日陰)なしでおかないこと。前に、九州のある獣医病院に行った時に、彼の住んでいる家の前に犬小屋がありました。そこに、短い紐で犬が繋がれていました。犬は吠えていました。泣いていました。獣医師ですよ。彼は。でも、気がつかなかった。

★ 
さて、日本に来てから「獣医ドリトル」を観ています。獣医....オーストラリアで小動物のリハビリのセミナーをした時、多くの獣医師が来てくれました。その時に「獣医さん」と言って叱られました。「真理子さん、獣医師は、獣医さんと呼ばれると嫌がります。気をつけてください」って。獣医さんという言葉は決して馬鹿にして言っているわけではなく、動物が介在しているのでどうしても親しみを持ってしまう....だから獣医さんと呼んでしまうのですが.....やはり間違いでしょうか。いずれにしても、先週は、不覚にも涙を出してしまいました。あんなもの....と思っていたのに。というのは、ちょっとねえ。言い方がねえ。手術代が120万だぞ...などと言うのが。また獣医師協会長の「画に書いたような」悪役ぶりも...と思いながら、泣いちゃった。来週はもうオーストラリアだから、観れないのがちょっと残念です。


明日は、茨城。木曜日から金曜日は仙台。日曜日は山梨。そして、火曜日から大阪、」京都。真理子の旅は続きます。
スポンサーサイト

獣医漢方医療

P1050983-1.jpg


DR バーバラ・フュージェーのハーブセミナーが終わりました。DR 須崎のオーガナイズで成功裏に実施されましたが、参加された獣医師の方々から、「もっと多くの獣医師に来てもらかった」との声がありました。つまり、大変役に立ったとのことですよねえ。それは。P1050978.jpg
もちろん、セミナーには獣医師の方々だけでなく、熱心な飼い主の方々も参加されました。ハーブには当然漢方が入ります。バーバラは世界でも珍しい獣医師のための漢方の本も書いています。参加者の中には、その本をお持ちの方もいらっしゃいました。P1050974-3.jpg
P1050977.jpg 慢性疾患が多い昨今、病気を全体的なものとしてとらえ、西洋獣医学とハーブ・漢方などの補完獣医学を使って、多くの症例の治療に成功しているバーバラ。二日間に渡って、肝臓、腎臓、心臓、そして今日は皮膚疾患や癌などの病気を、漢方とハーブ、食事療法、そして西洋獣医学などを使ったホリスティック(全体的な)なアプローチを紹介しています。うちのサリーも、皮膚アレルギーがひどいので、出張前に、バーバラに診てもらいました。ついでに心臓の悪いうちの主人のためにも、漢方薬を処方してもらいました。ちゃんと飲んでいるかなあ。

☆ ☆
3週間、全く休みなしで働き続けたせいでしょうか。ここ何日か、LIGHT HEADED、なんだか頭がくらくらしています。今朝は、6時に目覚ましをかけていたと思ったのに、聞き逃して7時に起床。残念ながら朝風呂はパスして、バーバラをホテルまで迎えに行きました。これで、毎日温泉にでも入っていなかったら、きっと倒れているかも知れないなあ.....温泉さまさまだなあ、なんて思いながら、今日も凝り性もなく、地下鉄の階段を走って上りました。地下鉄といえば、この前、八丁堀から品川に行くのに、「勘」で、日比谷線で恵比寿まで出て、恵比寿からタクシーに乗ったら、何と1500円ぐらいタクシー代をとられてぎゃふん。恵比寿と品川って一駅だと勘違いしたのです。そこで、今度は、ちゃんとウエッブで調べました。と、八丁堀から銀座、銀座から新橋、そしてJRで品川という最短ルートがあることを知りました。日本に住むためには、地下鉄の乗り方の勉強をしなければなりませんね。この乗り換えを教えてくれるウエッブって、かなり優れものですよねえ。

☆ ☆

シドニーで主人もサリーもどうしているのかしら。私は、どうやら派手にしているので、日本でボーイフレンドでも作って遊びまわっているのではないかと思う人もいるようですが、どっこい。私は、かなりドメスティックな人間なのです。まあ、昔は、確か、朝まで六本木で踊っていましたが、今は、昔です。いえ、昔は昔です。あれっ。何だかよく分からなくなりましたが、いずれにしても、60歳ですからねえ。さすがに、そんなことにには興味がなくなりました。だから、仕事を終えてホテルに戻ると、途端に家のことが思い出されて涙ぐむのです。つまり食欲も出ません。出張前、シドニーはとても暑かったので、主人は、ガスパチョとキューカンバー(きゅうり)のサンドイッチを作ってくれました。美味しかった!P1050870.jpg
などと、今日も一人ホテルで、主人の美味しい夕食を思い出しては泣いています。あれっ。主人が恋しいの?それとも食べ物が恋しいの?P1050867.jpg
ちなみに、今夜も食欲がなくて、新橋の京急で、鰯の寿司を買ってきました。半分残してしまいました。

猫のトレーニングセミナー

私は、何でも最初が大好きでした。小さいころから、新しいもの、最初のものが大好きでした。小学校のころです。戦争が終わってすぐの産めよ増やせよのころ。したがって、私の行っていた仙台の木町通り小学校は、確か、一クラス60人以上、一学年は9クラスぐらいあったと思います。そのすごい人数の小学校で、私は、たった一人めがねをかけていたのです。「めがねざる」「メガネッコ先生」とからかわれることがずいぶんありました。田舎にいくと、めがねをかけた子供を見たことのない子供たちが、私の後ろをついてあるいてきたものです。「ふん、なによ」とか、「別に」とか、いいながら、人と違うこと、人よりも真っ先に何かすることについての快感を得たのでした。

☆ ☆
ということで、今回は、日本で初めての、いやもしかして世界で初めての猫のトレーニングを実施しました。講師は、やっぱり、「FIRST」が好きな、スティーブ・オースティン。オーガナイズしてくださったのは、やっぱり、「新しいものが大好きな」須崎恭彦先生。小さなグループでしたが、熱心なオーナーたち。そして、可愛い猫ちゃんが集まってくれました。自分で言うのもなんですが、本当にいい猫のトレーングセミナーでしたよ。P1040776.jpg
猫のトレーニングをどうしてするの?それは、猫とオーナーとの絆を深めるため。トレーニングしながら、家にばかりいる猫ちゃんの、メンタル、そしてフィジカル(身体的な)トレーニングをすることができる。そして、退屈なためにおきる問題行動を直すため。。。。。と、参加者は聞いて、なるほど。しかし、猫のトレーニングは、犬や他の動物のトレーニングと基本は同じでも、違うことも。参加者の皆さん。どうでしたか。さて、私も行けばよかったという方は、ぜひ、ペットアカデミーのDVDを買ってください!P1040786.jpg
P1040790.jpg

☆ ☆

昨日は........犬のトレーニングセミナーでした。スティーブ・オースティンは、犬のトレーニングも、猫のトレーニングも、またねずみも、豚も、フェレットのトレーニングもできるのです。ほとんどの動物のトレーニングは、ほぼ同じ理論でできるのだといいます。昨日のトレーニングでは、「お母さんのもとを離れたがらない、とてもシャイな」ウイニーちゃんが、P1040757.jpg
スティーブの手にかかり、お母さんを忘れて、トレーニングに熱中する姿がみられました。男性が嫌いで困るというサルキーが、スティーブとあっという間に歩き始めました。スティーブ、女性になっちゃたの?と茶化したほど。P1040742.jpg

☆ ☆
スティーブは、絶対、この方法には、これをやるべきだというトレーニング方法をとりません。こうだったら、どうだろうと言いながら、まずは試してみます。日本の教育は、常に「一足す一は、二」方式。二にするためには「ゼロ足す二」も「三引く一」でもできるのにと、いつも思います。P1040748.jpgP1040717_convert_20090531212756.jpg

☆ ☆
スティーブは、金曜日の夜にやってきて、今日の夜シドニーに戻りました。とんぼがえりとは、このこと。実は、須崎先生と、8月にまた新しい!!セミナーの企画をしています。また世界初のセミナー企画。わくわくしています。さあ、また忙しいです。でも、楽しいです。

スティーブ・オースティン

ああ、忙しい。やっと、競馬ブックを書き終えて(今朝の3時)、仮眠してから会社にいきました。午後は、会社にやってきたキャシーと一緒に、主人の運転でスティーブ・オースティンのいるDURALに。日暮れてきましたが、いつ行っても、DURALは、素敵なところです。P1040365_convert_20090506234821.jpg
家の庭に馬を飼っている人もいっぱい。ここには、シドニーで最も大きなNURSERY(養種園)もあります。とにかく自然がいっぱいで、わずか40分位でで行くのですが、行く度にホッとします。着いたら、多くの人たちとミィーティングをしていたスティーブ。彼も相変わらず忙しいようでした。スティーブ・オースティンは、オーストラリアのペット産業協会の会長でもあるので、とにかく人が入れ替わり立ち代わり。そんな要職にありながら、彼は、自分でケネルの掃除もするし、動物たちのケアもします。だからこそ、動物たちにも人にも尊敬されるのですが。

☆ ☆
P1040368_convert_20090506234855.jpg
久しぶりに、ディンゴのBLUEに会ってきました。BLUEって声をかけたら、「あっ」って寄ってきてくれました。一緒に行ったキャシーが、あら、あなたのこと知っているの?ええ、赤ん坊の時から。彼は、珍しく樹につながれているので、どうしたものかと思ったら、実は、今、トニーが外に出ているからっていうのです。トニーとは、BLUEが子供のときから一緒だったジャック・ラッセルのスター犬。あんなに仲が良かったのに、何か、(とスティーブ)、まったく分からない理由で、トニーがそばに来るのを嫌うようになったらしいのです。嫌いなだけでなく、スティーブの考えでは、BLUEは、トニーを殺してしまうだろうといいます。なぜだから分からないとスティーブ。彼にもわからないことがあるのです。(彼は、動物の専門家でありながら、僕は動物が今でも分からないといいます) 何か、二人の間で、あったのだろうと言いました。BLUEは、ディンゴですが、凶暴ではありません。日本の記事やBLOGの中には、ディンゴのことをまったく知らないで、凶暴な動物だと表記しているものが多数あります。知らないでものを言う人たちには、本当に怒りを感じます。BLUEは、写真のように、こんなに優しいし、他の犬とも仲良くやっていくことができます。P1040371_convert_20090506234925.jpg


☆ ☆
スティーブの大好きなガレーラ(コレーラとガラーというオウムのミックス。ちょっとした間違いで生まれたようなのです。世界で初めてのガレーラだとか)。P1040363_convert_20090506234740.jpg
おおい、お金を上げるから、飛んでこいよ、とスティーブが言うと、ヒューと飛んできます。あら、お金くれないの?とニッキー。スティーブの家には、ボーダー・コリーが2頭住んでいます。ボーディーとチリ。それから、ラグドールキャット(名前を忘れました)。ラグドールキャットは、ちょっとおすましや。猫の写真をとろうと思ったら、チリが、ちゃっかり横に座って、私もとってもよって言っています。P1040374_convert_20090506234952.jpgP1040375_convert_20090506235018.jpg



☆ ☆
今月末に、スティーブ・オースティンは東京セミナーをします。犬や猫とどのようにコミュニケーションをとっていくかがテーマです。さて、明日の用意しなくては。

FC2Ad