ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

Return to Japan Again

シドニーの自宅でおよそ10日間過ごして、また日本行きの飛行機です。この2ヶ月間に4回目のトラベリング。シドニー生活は、短かったけれど、それなりに充実していたような気がします。今回はあまり娘とも喧嘩しなかったし。出がけに、HUGももらいましたから。それで私も、十分にHAPPYです。通関の入口に入る前に、見送ってくれた主人に、愛してるわと言ったら、Good on you!と言われました。つまりそうか、それはよかったな、ってこと。いつものことですから、俺も愛しているよなんて言われるのは、逆に心配です。

☆  ☆

心配といえば、今回は少し心配しながら出てきました。それは、サリーのこと。ここ数日間、サリーの様子が変なのです。まずは、動きが悪い。朝方、これまでのように我々のベッドに上ってきません。また、ベッドに抱き上げて乗せても、今度は、ベッドからジャンプすることができません。この前、抱き上げようとしたら、ギャッと叫びました。こんなことが二度ほどありました。主人も、やはり心配していたようで、二人でどうしたらいいか相談しました。彼女の背中が悪いのではないかと思うのですが.....。明日、月曜日に主人がかかり付けの獣医師に連れていくと言っています。実は、私は、その獣医師のことを、あまり信用していないのです。薬を出して終わりになるのではないかと思うのです。できれば、サリーをバーバラのようなホリスティック獣医師か、 動物の理学療法士に連れていきたいのです。バーバラであれば、鍼を使ってもらえますし、動物理学療法士であれば、家でのDO or DONTを含めて、様々なアドバイスももらえます。必要があれば、レーザー治療や超音波治療もしてもらえるでしょう。でも、普通の獣医師は、単に痛み止めを処方するだけ。人間の普通の医者とあまり変わりがありません。もっとも、私はシドニーにいないので、主人に任せるしかありませんが。昨日、サリーをオフリードの公園に連れて行った時には、いつもよりは元気がなかったような気がしましたが、何とか走っていました。でも、今日、出がけの散歩では、階段を上るのも大変そうにしていましたし、降りるのは嫌がっていました。ゆっくり歩いていても、何度もSTOPしました。本当に心配です。

☆  ☆

動物たちは、痛みがあっても、痛いということができません。ペットであれば、飼い主が、その痛みを感じ取ってあげるしかないのです。痛みの管理は、人間でも重要です。昔、私が子供だったころに、転んだりすると、大人たちから、痛くない痛くないって言われたような気がします。考えると変ですよね。痛くないと思えば痛くなくなるということなのでしょうか。でも、痛いことは痛い。あの言い方は、スペイン語にもなかったし、英語にもないような気がします。つまり、痛いということを否定して、誰か、つまり親という権威者が痛くないって、当事者の痛みを否定するのということはありません。アルゼンチンにいた時に、上の娘のナニーが、Sana Sana Corrita de Rana, si no san ahoy, samara manana.....と歌っているのを聞きました。これはスペイン語で、蛙の尻尾の痛みよ、直って頂戴。もし、今日直らなければ、明日直ってちょうだい!という歌です。痛いところを、さすりながら歌うのです。日本語の痛くない痛くないも、もしかしてその類だったのかも知れませんが。やはりかなり国民性の違いがあるような気がします。つまり、痛みが存在しないという日本の思考方法と、痛みがあるけれど、早くその痛みが直って欲しいという、かなり大きな思考方法の違いがあると。

☆  ★

ところで、犬であるサリーに、その言い方が通じるでしょうか。犬に痛くないよと言っても分かるでしょうか。子供が動物とあまり変わらないとすれば、痛くない痛くないというのは、子供には通じないのではないのでしょうか。子供は、こんなに痛いのに、どうしてお母さんは痛くないっていうのだろうと思うはずではないでしょうか。

☆  ★

十年以上前に、私は、オーストラリア・ジャパン・ヘルスケア・ネットワークというビジネスを立ち上げました。それは、当時、日本ではまだ、緩和ケアやアルツハイマーケアが知られていなかった頃です。緩和ケアは、当時ホスピスのケアの中で学びました。ホスピスに来る人たちは、当時で、平均滞在期間が20日余り。ホスピスは、彼らが最後の時を過ごすホテルのようなものだと教わりました。治療はしない。しかし、痛みを抑えて、レジデントがQOLを持って生きていけるようにする。したがって、痛みを抑える緩和ケアは、非常に重要なケアでした。痛みは、それを持っている人、動物で泣けば分かりません。また人間は痛いと言えるけれど、動物は痛いと言えません。ジャパンヘルスケア・ネットワークは、現在は、友達が継いでいます。彼女とももう長いこと連絡していませんが、今はどんな活動をしているのでしょうね。

☆  ★

さて、そろそろシンガポールに着きます。さっき、ご飯を食べながら、Revelationary Road を観ました。私の好きな二人のアクターが。ケイト・ウインズレットとレオナルド Di Caprio。悲しい映画でした。たった一度の人生をどう生きるのがいいのかという映画。私は、そのRevolutionary Roadを歩んできたのですが、その道を歩もうと思いながらできなかった二人の物語。Revolutionary Road は、棘の道でしたが、私は歩んで来てよかったと。。。。
スポンサーサイト

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

親孝行犬

今日は、家で仕事をしています。家の中の温度は30度。湿気も多く、かなり非・快適です。ゆうべから、胃がまた痛んできました。暑さのためか、他の理由なのか、よく分かりません。昨夜は、それでも、本当に困りました。主人が、「ラムチョップとパスタのどっちがいい?」って。正直言って、胃がいたくてどっちも食べたくありません。何も食べずに寝ていたかったのですが、娘もいないし、主人1人では食事をしないだろうと思って、「お腹の調子があまり良くないから、パスタかな」ってパスタを食べました。とても美味しいパスタでしたが、やっぱり、調子が良くない。仕事も早々に切り上げて、ベッドに行きました。今夜は、主人はラムチョップと、コールドライスサラダを作ってくれる予定。お腹がそれまでよくなればいいのだけれど。

☆ ☆
夜も、暑さでかなり寝苦しい。一晩中、扇風機をかけて寝ました。できれば無理をしたくなかったので、家で仕事をすることにしました。ゆっくりするか、寝ていればいいのに、私は、やはりハイポアクティブ。この前、掃除機が壊れてしまってできなかった掃除をしてしまいました。そうです、掃除機は、奇跡的に直ったのです。リビングと台所と、私たちの寝室と娘の部屋を掃除したら、もう、汗がダラダラ。恐らく1キロは痩せたかも知れません(笑)。シャワーを浴びて、仕事を続けています。

☆ ☆
ところで、昨日、ミラクルが起きました。実は、お知らせしたとおり、昨日はサリーの手術日だったのです。朝に、彼女を獣医クリニックに連れていって、その後、同じビルディングの歯医者で私も、歯根管治療があったので(あ、その話もあるんです!)、終わってから、ちょっと獣医クリニックに寄ってみました。「今頃は、麻酔で寝ているかな」って。受付で、「サリーの手術はどうでしたか」って聞くと、獣医看護士が「手術をしなかったの。It disappeared! 消えちゃったの」というので、私は混乱。えっ、何が消えてしまったの。サリーが?看護士は「イアン(ドクター)を呼ぶわ」。手術室から、獣医師がやってきて、「あのさあ、イボをとろうと思ったのだけれど、何度調べても、イボがないんだよ」えっ。WHY?「よく、分からない!自分でかじりとっちゃったのかも知れない。そこらへんに落ちてなかった?あるいは、食べてしまったのかも知れないな」ええええ。イボを食べちゃうの?イボがあったという痕はあるんだよね。赤くなっているから。まあ、このクリームをつけてみるしかないな。そして、尻尾を嬉しそうに振っている、サリーを連れてきました。ああ、サリー。どうしたの。イボはどうしちゃったの。悪性かも知れないって、心配したのに。というわけで、何百ドルもとられなくて済んだのでした。貧乏な両親のために、手術費を節約した、偉い、親孝行犬です。これは、歴史に残ります。.........会社に戻って、HIROMIさんに言ったら、でも、昨日はイボがあったんですよね。もし、昨日手術だったら、やっぱり、手術しなければならなかったんでしょうね。そうですね。

☆ ☆
実は、ここ二日間、色々なBAD NEWSがありました。1つは、私の大切にしていたデジカメが壊れてしまいまったこと。落としてしまったのです。携帯は何度も落としたのですが、壊れませんでした。でも、デジカメは壊れてしまいました。デジカメを直す会社が、近くにはありません。あっても、いくらかかるのでしょうか。奇跡的に、手術費が助かったのに、デジカメのためにまた出費をしなければなりません。それだけではないのです。歯根管治療をし終わった後に、歯医者が「まあ、直してみたけれど、あんたのブリッジは、もう古いし、わずか一本で支えているのだから、いつ、落ちても仕方がないな。おまけに、四本も歯がないんだから、あとは、インプラントした方がいいな」インプラントって、スゴク高いのです。絶対、無理だと思いながら、値段を聞くと、1万5千ドルもするのだそうです。どんなにひっくり返ってもそんなの無理です。「それは、無理だわ。生活も、ビジネスも、今、本当に大変なんだから」「それは分かるけれど、君のブリッジはいつ落ちても不思議ではないんだ。マシュマロを食べているときに落ちるかも知れないんだよ。顧客と話をしている最中に落ちるかも知れないし・・・・・・・」彼の警告(脅迫)は続きます。会社に戻って、主人に言いました。と、主人は、「そうだよな。今は、無理だよなあ。でも、今すぐ落ちるという保証もないんだし。落ちたときに考えれば良いんじゃないか。もっとも、君の運だと、インプラントした翌日に死んだりするかも知れないな」........意味が分かりません。それは、運がいいということなのでしょうか。運が悪いということなのでしょうか。よく分かりません。ねっ、胃が悪くなるの分かるでしょう。

☆ ☆
宝くじがあたったら、そのお金で”すぐ”歯を治したいと思います。ブリッジが落ちた経験があるのです。ブリッジって、歯のブリッジのこと。仙台でアナウンサーしていた時に、最初のブリッジを作りました。アナウンサーなのに、前歯に穴があいてしまったからです。父の会社の(その頃、父は、N建設会社の役員をしていました)支店長の息子が、新しく歯のクリニックを出したというので、そこで、作ってもらいました。料金をかなりまけてもらったと思いますが。そのせいでしょうか。ある晩、同僚たちと飲みに行って、ししゃもを齧ったときのこと。ガリッ。変な音がしました。あっと思ったら、そのブリッジが落ちているのです。ロンドンブリッジ、falling dow, falling down,,,,,,,,,,,口を押さえながら、歯医者に電話して、翌日、早速仮のブリッジを作ってもらいました......あの時の感触、ガリッという感触は、40年近く経っても忘れられません。実際、ししゃもを、食べるたびに思い出します。そうか、もう、ししゃもは食べない方がいいな。アンラッキーだから。それにしても、宝くじが当りますように。まずは、宝くじを買わなくては。


暑いです!

9時半だというのに、まだ気温は30度近くあります。今朝は、朝の3時ごろまで仕事をしていたので、少し遅くまで寝ようかと思いましたが、暑くて寝坊もできませんでした。起きて、主人と一緒に、シドニーの北の郊外にある、スティーブ・オースティンを訪ねました。内陸部はとても暑いのです。彼のいる場所は、DURALと言って、緑の豊かな場所ですが、それにしてもやはり暑かった!もっとも、ケンネルのエキササイズヤードで遊んでいる犬たちは元気でした。たくさんの犬がいるのに、喧嘩もしないし、吠えないのです。ハッピーだからだよと、主人。言えてる。DSCF3683.jpg
DSCF3686.jpg私は、こんなハッピーなケネルを日本に作りたいと夢見ています。日本のペットホテルは、あれは監獄ですから。

☆ ☆
スティーブ・オースティンのところには、ディンゴのブルーがいます。他の犬たちと一緒に。普通は、人間を見ると警戒して、後ろに下がるのですが、ブルーは違います。ふんふん。あっ、この人見たことあるな。ブルーは、私を覚えているのです。嬉しかった!DSCF3687.jpg
スティーブ・オースティンと、日本のセミナーの相談をしました。今年も、色々面白くなりそうです。彼のところで、今年から、ワーキング&トレーニングのコースを開始することにしました。彼のような世界的なトレーナーに弟子入りするのですから、素晴らしいコースになりそう。トレーニングの後は、オーストラリアのケネルで仕事ができるのです。いいアイデアでしょう。とはいうものの、最近の日本の若い人は、世界を目指さないと聞いていますから。ちょっと心配。

☆ ☆
昼ごはんを、HUNGRY JACKというオーストラリアのファーストフードで食べました。我々は、年に2回ぐらいしかファーストフードで食事をすることがないのです。それも仕方なく。スパイシーチキンのバーガーを食べました。味?あんなものでしょう。家に戻って、ソニックデラゴ(我々が管理する競走馬)の中継を見ました。勝った!この前、藤井勘一郎騎手に乗ってもらって、5着。かなり不利を受けての5着で、次はいけるぞと思いました。勘一郎君に乗ってもらったかったのだけれど、彼は他の馬に騎乗しました。残念。調教師は、恐らく、2000m以上は走れる馬だって言っています。とすると、大きなレースに出られる可能性もあります。久しぶりに、競馬を楽しめるかも知れません。馬券も。今日は主人は少し勝っていたようですが、私は買いませんでした。あっ、だから、勝ったんだ。

☆ ☆
こんなに暑いと、料理を作るの大変そうだなと思っていたのですが、それでも、主人は、得意のガスパチョと、キューカンバーサンドイッチを作ってくれました。DSCF3702.jpg
キューカンバーサンドイッチは、女王様の朝ごはんメニューだとか。ガスパチョは、トマトピューレーに、セロリと玉ねぎとキューカンバーとハーブを入れて、砂糖とちょっとだけヴィネガーを入れて、ブレンダーでミックするするのだそうです。キューカンバーサンドは、ガスパチョにつけて食べろって。すっきりして、クールで、とても美味しかった。それ以外は、あまり暑くて食べられそうにありませんでしたから。ここで英語のレッスン。クールな人を、英語では、キューカンバーのようにクールだと言うのです。日本語の例えにはありませんね。

☆ ☆
娘との喧嘩?まあ、何となく、元通り。挨拶ぐらいはするようになりました。でも、いつも一触即発状態ですね。

☆ ☆
さすがに、二日続けての徹夜は難しい。今日は、頑張って寝て、明日、もう1つの企画書を仕上げます。

SEE YOU AGAIN!

「帰りたくないよね」と言っていた生徒たちの言葉を盗み聞きした私はホッとしました。これから、彼らの長い人生の中で、「ああ、シドニーに行ってよかった。楽しかった」って思い出してくれればいいと思っていたからです。「先生」って私を呼んでから、「あっ、真理子さん」と呼びなおしてくれるのも嬉しかったな。私は、先生などと呼ばれるよりも、真理子さんと呼ばれるほうが好きだから。「もう、真理子さんと会えないのお」なんて、言ってもらえるのも、お世辞でも嬉しかった。やっぱり私はオセンチなオバサン。DSCF2600.jpg


☆ ☆
今日は、朝から、RSPCAに行きました。世界的な組織なのに日本にはないのですね。ここに着いて、まずRSPCAというのはどんな組織なのかを聞きました。皆、本当に熱心で驚きました。それもそのほあず、研修に来る前に、日本の現状を知ろうと獣医師を呼んで事前に勉強をしたのだといいます。日本の現状はそれはひどいものだったと、それでも、熊本は、日本の他の県に比べれば、捨てられる動物たちが少ないのだそうです。RSPCAで、何が動物の虐待なのかを聞きました。食事や水を十分に与えないこと。環境の悪いところで飼う事、動物が本来持っている習性などに反した飼いかたをすること。例えば、小さすぎる部屋に大きな犬などを飼ってしまうということは日本ならかなりあることですが、RSPCAはそれを動物の虐待とします。鎖で繋ぎっぱなしなどというのも、動物の虐待です。私は、日本でそんな犬たちをたくさんみました。犬たちは吠えて、自由にしてくれと訴えていましたが、気にしていない人がほとんど。今回の研修で、生徒たちは、それも、虐待なのだと知りました。DSCF2667.jpg



☆ ☆
RSPCAでは、リーホーム、つまり貰い手を見つける確率は半分。普通、1週間から2週間が滞在期間のようです。その後は..........「全部の動物を助けたいのですが、残念ながら......」とRSPCAの教育担当のナレルさんは言います。「ここにいると、人間が嫌いになりますよね」とも。どうして、こんなことができるのかしらというような、仕打ちを動物にする人間が多すぎますから.......と。RSPCAでは、コンパニオンアニマルであれば、全て去勢しましょうというキャンペーンをしています。無駄な命をなくすために。今日、猫舎に、飼い主が死んで、家族がもう要らないと連れてきた猫が5匹、悲しそうな目でクレートの中に入っていた。飼い主を亡くし、さらに自由に歩き回る家からも離れ、猫たちは「早く、逝かせてくれ」と言っているような気がしました。生徒の中からこんな質問が「日本では、安楽死処分をする時に、動物が苦しんで死ぬ、ガスを使います。オーストラリアは?」「オーストラリアでは、睡眠薬を使って、静かに眠るように処置をします」質問をした生徒の目に涙が。私も。でも、生徒にこんなことを言いました。私がメルボルンの保護団体の係りの方に話を聞いた時のことです。「処分をしなければならない動物たちを毎日見ていて、つらくないかと聞かれます。つらくないことはないけれど、僕は助かっていく動物たちのことを考えるようにしています。僕たちがいなければ、その彼らは辛い生活をしなければならなかったり、死んでいかなければならなかったりしていたわけですから」と言っていました。

☆ ☆
スティーブ・オースティンとの別れを惜しみながら、今日は終了式を行いました。幸いに天気もよくなって、うちの主人が研修先、スティーブ・オースティンのペットリゾーツ・オーストラリアで、BBQを作りました。美味しい、美味しいと、大きなソーセージをパクつく生徒たち。本当に嬉しそうで、私もにんまり。校長先生が、「動物の訓練を学びながら、学校での生徒への接し方、教育の仕方を学びました」と終了式で語っていました。九州動物学院の皆さん、オーストラリアにきてくれてありがとう!SEE YOU AGIN!
DSCF2725.jpgDSCF2549.jpg

DSCF2728.jpgDSCF2754.jpg




☆ ☆


抗生物質で直ったと思った咳が直りません。ミシェルが、「胸の中の痰を出さないと」と心配して忠告してくれました。明後日は、シンガポールで、その後は大阪。2週間のかなりシビアな日程が待っています。明日は、また医者に行って相談してくることにします。私の身体は、モーターのようなもので、仕事で弾みがついているときにはいいのだけれど、止まってしまうと、途端に調子が悪くなってしまいます。日本に行って温泉にでも入ればなおるかも知れないな。甘いかしら?








だご・よか・よか

今日は、熊本弁を教えてもらいました。YAKA YOKA。そしてDAGO。熊本弁で、DAGOとは英語のVERY.つまり凄いということらしいのです。YOKA YOKAは、OKOKということらしい。言ってみましたが、まだタドタドシクテ、私の熊本弁はだめだそうです。が、あと4日ありますから、覚えます。自慢じゃないけれど、これまでフランス語とスペイン語と英語と、オーストラリア語を学んだ私。おまけに地元仙台弁もしゃべれるし、大阪弁も結構いけます。今度は、熊本弁を覚えようと思います。

☆ ☆
九州動物学院の研修2日目は、本当によか・よか、でした。今日の研修は、まず、ニワトリを使ってのトレーニングの理論。現代版ドリトル先生こと、スティーブ・オースティンが生徒に教えたことは、まずREWARD、つまり褒美。しかし、このREWARDは、人間が選ぶのではなく、動物に選ばせること。食べ物だったり、遊びだったり、PATTING,撫でて褒めてあげることだったり。動物が好きなものを褒美にします。そして、これがいかに大切かを学んだ後で、ピアノを弾くニワトリを見せてもらいました。それから、全くトレーニングしていないニワトリに生徒たちが実際にトレーニングをつけるトレーニング。ニワトリが馬鹿だって誰が言ったのですか。あっという間にピアノを弾くトレーニングを見につけた生徒たち。ラッキー。training+chiken_convert_20081027213746.jpg


☆ ☆
それから、今度はその学んだ理論を、探知犬のトレーニングに当てはめてみました。探知犬といっても、様々な探知犬がいます。まずは、人間を見つけ出す救助犬のトレーニング。あっという間に、木の陰に隠れた生徒たちを探し出す救助犬。彼らも探知犬です。それから、スティーブ・オースティンはタスマニア政府の依頼で、害獣である狐の糞を探し出す犬を訓練しています。元来、狐はタスマニアにいませんでした。もちろん、狐はオーストラリアでも外来種です。その昔、ハンティングをしようと英国人がオーストラリアに持ってきたのが今では、害獣となり、オーストラリア固有の動物を絶滅の危機に晒しています。狐が、タスマニアはどのようにして渡ったのか。海を泳いでいったのか。誰か人間が、それを連れて行って野に放したのかは分かりません。いずにれんしても、タスマニア州は、狐の糞を探知する犬を登用することにしました。今日は、生徒たちは、その狐の糞の探知犬の訓練を体験したのです。謗「遏・迥ャ繝医Ξ繝シ繝九Φ繧ー_convert_20081027213948謗「遏・迥ャ繝医Ξ繝シ繝九Φ繧ー・胆convert_20081027214157



☆ ☆
今日の午後は、アジリティのドッグが、いっぱいやってきました。オーストラリアいちのチャンピオン犬もやってきました。オーストラリアではアジリティは盛んですが、フライボールやフリスビーはあまり盛んではないと聞いて生徒たちは驚きました。WHY? あれは、犬たちにとって危険だから。アジリティの訓練で最も大切なことは?生徒たちから色々な質問が。アジリティのトレーニングで最も大切なのは.........LOVE(愛情) & FUN(楽しむこと)...........。そうか、やっぱりね。繧「繧ク繝ェ繝・ぅ繝・ぅ繝シ_convert_20081027214408
aginilty _convert_20081027214734 たくさんの犬たちに囲まれて、生徒たちは本当に楽しそうでした。よか・よか。


☆ ☆
今日の訓練の最後は、ガードドッグの訓練。良いガードドッグとは、危険な人物を単に噛む危険な犬ではなく、主人を守るために仕事をする犬たち。仕事をしないときにはフツーの犬になることのできる犬たちをいいます。生徒たちは、今回初めて、そのことを知ったようでした。もっとも、犬が噛むときには本当に真剣になって、噛むのです。「ああ、怖そう」では誰か実験台になってください。皆が怖気ずくなか、SHOGO君がでは僕が。大丈夫かなあ。もちろん、大丈夫でした。その後?SHOGO君とくつろぐ犬。つまり、さっきまで彼を噛もうとした犬はその必要がなければ、撫でてやると甘えるフツーの犬でした。shogo_convert_20081027215105.jpgshogo2_convert_20081027215342.jpg



☆ ☆
動物の訓練にとって、REWARD、つまり褒美はとても大切です。褒美をもらえるから、動物は何かをするのです。その何かは”SIT"座ることだったり、”COME"来ることだったり、様々。でも、褒美を決めるのは動物。なぜか、人間に似ていませんか。親は、「子供が欲しがっているのは、いい学校だと思ったり、いい洋服だと思ったり、いい車だと思ったりします」でも、本当にそうなのでしょうか。子供が小さければ小さいほど、子供が欲しがるのは、実は、お母さんに抱きしめてもらうことだったり、歌を歌うことだったり........長じては、もしかして、励ましの言葉だったり、手作りの料理だったり......なのに、親はそれを誤解して、自分がいいと考えるものを押し付けてしまう。動物の訓練は、子供の教育と似ていませんか。

☆ ☆
日本の専門学校の生徒たちに話をすると、寝てしまう子が多いのですが、今回、九州動物学院の子供たちは、ほとんど居眠りをしませんでした。よかねえ。おまけに、明るい。素直。私が、「ねえ、写真撮るとき、ピースサインやめようよ」って言ったら「どうしてですか?」「日本だと、大人も子供も皆あれするでしょう。人と同じことするのやめようよ」と、親指を立てる、GOODサインを教えたら、ほとんどの人がGOODサインをしてくれるようになりました。先生と私を呼んでくれるのですが、私は気恥ずかしくて「真理子さんと呼んでください」と御願いしました。そうそう、昨日、ホテルのロビーのトイレに入っていたら、ガタガタと何人かの生徒がトイレにやってきました。POO(うんち)をしていた私は、出て行くのが恥ずかしくてトイレの外に出ていけません。だって、次の人は、臭くて気絶するかも知れませんから。でも、勇気?を出して出て行きました。生徒が、あっ、真理子さん。私は、「あのね、このトイレはいらない方がいいわよ。臭いから。私臭いものしちゃったから」って言ったら、「大丈夫ですう」「ホント?」「ええ、大丈夫ですう」まあ、なんて優しい人なのでしょうって、本当に感激してしまいました。こんな生徒のいる学校って、よかよか。だご・よか・よか・です。happy face ケ_convert_20081027215548
happy face 2convert_20081027215713


FC2Ad